Mac mini (Mid 2011)のメモリを16GBに増設

  • 2018.04.25 Wednesday
  • 18:46

<まえおき>

Mac mini (Mid 2011)は、
Appleの公称では、最大搭載メモリは8GBとなっていますが、
実際には、16GB(8GB×二枚)まで認識します。
が、真似して増設する方は自己責任でやって下さい
何かの不利益があっても、筆者は何の責任も負いません


<メモリ交換の実況>

と、いうほど大袈裟でもないのですけどね。
Mac mini (Mid 2011)の場合、
裏蓋を手で開けたらすぐにメモリモジュールに手が届きますし、
差し替えるだけですから。

まあ、でも折角だから(?)写真も掲載したいと思います。

  • 使用したメモリモジュール
  • <道具>
    • エアダスター
      • 無くても構いません。
        溜まったホコリを、ついでに払うのに使いました。
    • 静電気防止手袋
      あとは何も要りません。ドライバーも使いません。
  • <工程>
  1. 我が愛しのMac miniのお姿。

    本体を裏返します。
  2. 裏蓋を回してロックを外します。
    裏蓋に付いている、銀色の小さい丸を
    本体ケース側の銀色の丸の位置に合わせます。
  3. 本体を傾けて、裏蓋を下にするとペロッと剥がれます。

    この写真見て、
    メモリモジュールが何処か分からない人はいないと思いますので、
    説明は割愛。
  4. メモリモジュールの左右の留め金(写真の向きでは前後)を
    両側に指で開くとロックが外れてパチッと少し浮き上がります。


  5. 斜めに、メモリモジュールが浮き上がっているので、
    そのままの角度で斜め方向に抜き取ります。


  6. 下にもう一枚あるので、同じ要領で
    ロックを外して、抜き取ります。
  7. 元のメモリモジュールと
    新しいメモリモジュールを並べてみました。

    写真の上側が元の4GB×二枚です。
    「ADATA」の製品ですね。
    写真の下側が新しい8GB×二枚です。
    「CFD」の製品です。
  8. 空いたメモリースロットに、
    新しいメモリーモジュールを入れます。
    先に下側のスロットに入れます。
    まず、元のモジュールがあったように斜めに入れます。

    しっかり奥まで差し込めたら、
  9. メモリモジュールを下に押し下げると、
    パチッと音がしてロックが掛かります。
    (この時、ロックの留め金は自動的に開くので、指で広げてやる必要はない)


  10. 同じ要領で、もう一枚も入れます。




  11. 二枚ともしっかりと入れたら、
    本体の裏蓋を戻して開けた時と逆の手順で閉めます。
  12. コード類を接続して、起動します。
  13. 画面左上のアップルメニューから、
    「この Mac について」を選択し、
    「メモリ」タブを選択すると、
    搭載されているメモリの容量が表示されます。
    目的通りの「16GB」(8GB+8GB)が表示されていればOKです。

<あとがき> (経緯)

今更ですが、やっと私のメインマシンのメモリを増設しました。
というか、ずっと待っていたのですけど、
メモリの価格が下がらないので買い渋っていたのです。
8GBじゃ足りないなあ、と思い始めてから
メモリの価格を見ていたのですが、
当時、値下がり傾向にあって、
8,000円台から7,000円台に下がっていた頃だと思います。
もう少し下がるかも、と様子を見ていたら、
6,000円台になったので、
もうそろそろ買おうかどうしようかと躊躇していたら、
7,000円台、8,000円台と上がってしまったのです。
その時、一時的なものでまた元の辺りまで下がるだろう、と
予測していたのですが、
期待は外れ、どんどん値上がりしてしまったんですよね。
気がつくと、一万円以上値上がりしていて、
6,000円台だった頃に買いそびれてしまった為、
なかなか買う踏ん切りがつけられずにいたのですよ。
そんな中、
やりたい事は増え、複雑になっていき、
もう8GBでは、
頻繁にプチフリーズを起こすようになってきていました。
「遅い」とか
「重い」とかいうレベルではなくなってしまっていたのです。
そこで、仕方なく、購入に踏み切ったのでした。
それでも直近では、
僅かにピークを超えた感じで下がっていたので、
約17,000円で購入する事ができました。
ポイントを加味すれば、15,000円台です。

一万円近く無駄に支出したかと思うとやりきれませんが、
これでやっと、プチフリーズからは解放される事でしょう。
メモリプレッシャー真っ赤かとか嫌すぎるし。(;´Д`A



JUGEMテーマ:Macintosh



お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

Macランキング




[このブログの 「selected entries」「categories」へジャンプする]

賞味期限と売れ残りの話

  • 2018.04.23 Monday
  • 19:29

賞味期限と売れ残りの話が時々目に付きますが、
議論している人たちがおかしな事があります。
一方的な主張ばかりで、
反対意見を述べている人が、反対の立場が分かっていないという事態です。


<消費者の都合を度外視した議論>

消費者の都合を度外視して、
誰もそれに気付かずに議論していると言う、
おかしな現場を目撃する事が何度かありました。

販売する側の都合として言われていたのは、

  • 賞味期限が切れたり近くなったりした商品は売る事ができない。
  • 新しいものを奥に入れても、手前を避けて持って行く人がいて困る。
  • 新しいものを先に買われてしまったら、古いものが売れ残る。
  • 仕入れにお金が掛かるのだから、受け残ると損害になるから、その分を価格に反映しないと採算がとれなくなる。
  • 廃棄するのにもお金が掛かるし、勿体無い。
  • 買った後に賞味期限が切れても、すぐに飲食できなくなるわけじゃない。匂いや色で判別がつく。
  • 買った後に賞味期限が切れても、すぐに味が落ちるわけじゃない。
  • その辺りを理解している消費者は、そんな事をしないし、それがマナーであり常識人。

などであります。
一方、それに反論する側の意見としては、

  • そんなのは売る側の都合で、消費者には関係ない。
  • 新鮮なものが欲しいのが消費者心理。
  • 新鮮な方が美味しいと思う。
  • 店が仕入れすぎた責任を消費者に押し付けるな。

などであります。

売り手側の主張はもっともですね。
但し、爛┘喚甦歃个靴任垢。
そんなエゴの塊のようなお店では、あまり買いたくないですけどね。

私は、この反論している側が、おかしいと思うのです。
本当に消費者の立場になっているのか?
本当に消費者の状況が分かっているのか?

さて、
消費者の諸君。
買ったものを爐い牒畩暖颪垢襪里任垢?
買ったその場ですぐ?
家に持ち帰ったらすぐ?
そうとは限らないでしょう。
その日の晩に消費する事もあれば、
明日、明後日に消費する事もあるでしょう?
皆が皆、毎日買い出しに出かけられるわけではありません。
何日か分をまとめ買いする人は少なくないはずです。
つまり、
明後日までの分なら、
今日が賞味期限のものは買いたくないでしょう。
自分が消費するつもりの日にちまで賞味があるものを
選びたいはずです。
なぜ、それが出てこないのか不思議でなりません。
その都合が議論のテーブルの上に乗っている場面を殆ど見ないので、
私は、「おかしな連中が反論しているな」と思うのです。


<消費者は騙されているのに香りと色で判断できるのか>

とあるラジオの毒舌コメンテーター(年配女性)が、
ある日話していた内容なのですが、
「賞味期限は、消費期限とは違うし、どちらにせよ、香りと見た目で分かるでしょ」
「そういうのがわからないから、今の若い人はダメなのよ」
「賞味期限が切れたからというだけの理由で廃棄するなんて勿体無い」
とかいう一方的な話です。

私は、おかしな事をいうラジオだと思いましたね。
そもそも論ですが、
若い人がそれらを判別する能力をどうやって身に付けるんですか?
自ら人柱となって人体実験すれば学習する?
物騒な。場合によっては死人が出ますよ、それ。
年配の経験と知識が豊富な方々が、
若い人にちゃんと教えていないから、
そういうことができない若い人が増えているんじゃないですか。
何、自分たちの責任無視して勝手な事をほざいているのか。

しかも、その毒舌コメンテーター、
別の日には、
「添加物に神経質になりすぎの人がいる。ちゃんと基準をクリアしたものしか使われていないんだから、飲食しても大丈夫よ。」
とも言っていたのです。
食品添加物は何のために使うと思っているのやら。
現実を知らない妄想家なのか、机上の空論か。
食品添加物は、
味を整えるため、
香りを整えるため、
色や食感などの外見を整えるため、などの目的で使われます。
つまり、使わなければ、
ちょっと変な味、
ちょっと変な香り、
ちょっと変な色や食感、であるわけです。
それを『誤魔化して』、さも美味しく見せかけているのが
食品添加物なのです。
(日持ちをよくする為にも使われるが、ここでは割愛)
つまり、
若干痛んできた飲食品でも、食品添加物の効果が残っていれば、
その「味」「香り」「見た目」は誤魔化されてしまうのです。
そこに、そもそもが経験不足の若い人が、
他人に言われて素人判断で「まだ大丈夫」と考える事が
どれほど危険な事か。

だからこそ、賞味期限や消費期限は重要な判断基準になるのですよ。
しかも、戦後の物が無い貧しい時代じゃあるまいし、
勿体無いとはいえ、
そんな危険を冒してまで飲食するものではない。という方が
理に叶っていると思いますがね。
今の食品は多くが食品添加物を使っていますから、尚更です。

更にもうひとつ突っ込ませて頂くと、
食品添加物の基準やら安全性は、
普遍的な絶対では無いという事を忘れてはいけません。
科学そのものが万能ではありませんし完成もしていません。
日々、試行錯誤と失敗経験を繰り返しながら、
一歩ずつ進化しているものなのです。
それまで安全と考えられていた成分が、
ある日を境にして有害だと認識されるのはよくある話です。
それに、
「害が無い」と言ってもそれは、「健康な大人」が
10年とか20年とか摂取し続けても。という意味です。
一生70年で検証した添加物は恐らくないでしょう。
体の弱いお年寄りや小さな子供、病人で検証した添加物ってあるんですかね。
世代を渡っての悪影響は?
そこまで検証して初めて「安全」と言えると思うのですが。

さて、話が横道に逸れましたが、
現代の飲食品は、そういう実情の中で作られているのです。
現代の消費者は、そういう実情の中で生活しているのです。
味、香り、見た目で判断したい人は勝手にすればいいですけど、
それを他人に押し付けるのはどうかと思いますね。
お金に余裕が無い人なら兎も角、
廃棄する余裕がある人は、
賞味期限をひとつの判断基準にしても良いと思うのです。

<いつどういう具合に味が変わるのか>

「賞味期限が切れたからといって、すぐに味が変わるわけじゃ無い」
とよく聞きますが、
では、「いつ」「どのように」味が変わるのか。
それは、右肩下がりのグラフのように、
製造直後からなだらかに変化し続けているのです。
賞味期限三日の食品を、出荷直後と、その1時間後で食べ比べても
その違いは判別不可能でしょうけど、
出荷直後と、一週間後なら、違いが判別できるでしょうね。
では、六日後なら?
五日後なら?
四日後なら?
そうです。
賞味期限の前でも後でも、緩やかに味が落ちていっているのです。
「賞味期限」というのは、
「その時までは美味しく召し上がれます」という目安であり、
その時まで全く味に変化が無いと言い切っているのではないのです。
「美味しい」か美味しく無いかは、
個々人の好みと主観によるものですから、
出荷直後の製品の方が、賞味期限ギリギリより美味しい。と感じるのは
不自然ではありません。

そして、
消費者が、同じお金を払うのであれば、
「より美味しいもの」を求めるのが心理でしょう。
まして、購入者が自分で消費するとは限りません。
「より美味しいものを食べさせたい」と思うのは自然な事です。
だから、
消費者が、賞味期限の近いものを避けても理に叶っているのです。


<では、売る側はどうすればいいのだ>

これが分からない人はもう、
商売に向いていないとしか言いようがありませんね。
まして、その失敗の尻拭いをお客様に要求するとか
無責任にもほどがあります。

まずそもそも、
販売計画を立てて、売れ残らないように仕入れを調整するのが
まず第一でしょう。
或いは、売れ残る分を計算に入れておくのも、一つの手です。

そして、売れ残ったものは、自分の責任で処理するべきです。
それがむしろ「常識」だと思いますね。
廃棄するしか無いなら廃棄すればいいのです。
お客様に押し付けずに、自分で消費するならアリでしょう。

或いは、
賞味期限が迫ってくるに応じて、値引きすればいいのです。
その賞味期限でもよければ、
少しでも安いものを選ぶ消費者もいるでしょう。
それでも、新しいものを買いたい人はいるでしょう。
消費者に選択の余地を与えれば良いのです。

たまに、
「チェーン店だから勝手に値引きとかできない」とか
責任転嫁をする人が居ますが、
そのチェーンに加盟したのは自分の判断でしょう?
雇われなら、雇われる事を選んだのは自分の判断でしょう?
中には、先代から無理やり後をつがされたという人も
いるかもしれませんが、
店を畳んで他の仕事を探す権利くらいはあるでしょう?
チェーン店だって、各店舗の意見を総括して
問題定義すれば、仕組みの改善も叶うかもしれません。
何も、無理難題ではありません。
単に、本人が「嫌」なだけでしょ。
理由は勝手に想像できますが。
変化を嫌っているのか、
手間を嫌っているのか、
新しい事をするのが怖いだけか、
いずれにせよ、単なる「エゴ」です。
他所はできているのに、自分だけやらないのは単なる「エゴ」です。

そして、最後に。
「消費者の我儘を叶えたら儲かる」と思いませんか?
それが商人の鑑というものです。



JUGEMテーマ:賞味期限



お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

生活・文化ランキング




[このブログの 「selected entries」「categories」へジャンプする]

iPhoneのキャリアをやっと乗り換えたお話

  • 2018.04.22 Sunday
  • 11:47

大分以前から、
iPhoneのキャリアを乗り換えるべく、色々と調べていたのだけれども、
なかなか実行に移さずにいました。
やっと、乗り換えましたので、ご報告がてら記事に。


<大手キャリアは高い、けど・・・>

多くの方がご存知の通り、
大手キャリアの利用料金は高いです。
色々と割引サービスなどを行っていますが、やっぱり高いです。
なぜ、そんなにも高いのに、
大手キャリアであるSoftBankで契約していたのは何故かというと、
そもそも、一番最初にiPhone 3GSを購入・契約したのですが、
その当時は、SoftBank一択でした。
その後、iPhone 4sに機種変するに当たって、
当時はまだ格安SIMはあまり良いものではありませんでした。
そして、iPhone 6s Plusに機種変した時には、
まとまったお金を用意して一括購入できなかったので、
分割が利くSoftBankでそのまま契約継続したのです。

そう。
大手キャリアの強みは、分割購入とその割引。
分割の支払いが終了する前から、徐々に調べ始め、
格安SIMに乗り換える気になっていました。
だって、毎月の維持費を比べたら、
そのままSoftBankを継続するのは、
約6,000円も多く支払う事になるのです。

あと問題となる事は、
格安SIMは、繋がりやすさや安定性、サポートの充実、容量制限などでしょうか。


<最初はDMM mobileに申し込むも・・・>

当初は、繋がりやすさや安定性、サポートの充実、は
あまり考えに入れていませんでした。
とにかく、安いものが良かったのですね。
というのも、iPhone 4sから6s Plusに乗り換えた時期と違って、
外出時に使う機会がめっきり減り、
殆どモバイルデータ通信を使っていない状況になっているのです。
殆どの場合、自宅或いはフリーのWi-Fiで使っていて、
いっそ、キャリア無しでWi-Fi専用にしてもいいのではないかとも
思われるような状況だったのです。
月当たり、1GBも使う事はまずなく、
100MB台しか使わない月もあったくらいです。

ですが、全くモバイルデータ通信ができないのは、
時として不便だとも考えたので、
結局、月の維持費が一番安い「DMMモバイル 」に申し込んだのです。

さてところが、
私の使いたかった、「住信SBIネット銀行」のVISAデビットが
使えなかったんですね。
他に、「スルガ銀行」のVISAデビットも、
ジャパンネット銀行」のVISAデビットも、
「au WALLET」のMasterプリペイドも、
「SoftBankカード」のVISAプリペイドも、
ことごとく、使えなかったので、渋々諦め他を探す事に。
(この場合、一定日数経過すると自動的にキャンセルになってしまうが、キャンセル料などは掛からないので、試してみる価値はあると踏んだ)


<最安でないなら、高評価のSIMがいい>

そういった経緯で、最安からは少し遠くなってしまいました。
すると、巷の評判が気になるところなのですね。
そこで少し調べてみると「mineo」が、
利用者の評価がとても良いらしいという事で、
ここに申し込んでみる事に。
勿論、審査に通らなかった場合、キャンセル料などが掛からない事は
前もって確認済みです。

そして、
私の一番使いたかった、「住信SBIネット銀行」のVISAデビットが
使えなかったものの、
スルガ銀行」のVISAデビットが通りまして、
めでたく契約成立となったのです。


<mineoは少し遅いかな>

体感的には、やはり大手キャリアであるSoftBankより、
mineo」は少し遅い感触だが、私的には許容範囲内だろうか。
一応、速度を測ってみると下り10Mbpsちょっとくらいでした。
SoftBankの頃は、下り60Mbpsは出ていたので、
数値を見ると大分違うんですが、体感的にはそれほどの差を
感じないというわけです。


<次の機種変での予算の見通しが立った>

これで毎月約6,000円浮くと思うと、ウキウキ気分ですね。
一年で約72,000円、二年で約144,000円ですから、
iPhoneの機種代金は余裕で賄える事になります。

去年、10周年記念モデルを期待していたのですが、
iPhone 8もiPhone Xも、イマイチ感がありましたし、
限定カラーの発売を待つつもりで、
資金繰りの都合もあって、様子見を決め込んでいましたが、
今年のモデルチェンジか、来年か、予算の都合がつきそうです。


<新規契約手数料が無料に>

ちなみに。
mineo」は、新規契約手数料が掛かるのですが、
これを丸々無料にできるキャンペーンもやっていました。
そのキャンペーンのエントリーコードを
ヤフオクなどで実質無料で手に入れることができるのです。
ただし、SIM発行手数料は別途掛かるので注意して下さい。
詳しくはググって下さい。



JUGEMテーマ:MVNO(格安SIM)



お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

iPhoneランキング




[このブログの 「selected entries」「categories」へジャンプする]

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

カウンターなど


[このブログの「selected entries」「categories」へジャンプする]


[✓]

ユグドア」(YggDore)に登録済みです。
カンパやチップを大歓迎します!
要望等も受け付けてます。
(できる範囲が狭いが)

このページへチップを贈る



DIYフリークの集い
(ウェブリング)

前へ
このサイト名欄
次へ
ランダムに飛ぶ
リンク一覧
参加を希望する
Q&A

ランダムでサイトをひとつ紹介します。



Twitterも↓やってます

お勧めソフト、サービスなど

私がよく使うショップ

  ヨドバシ.com/ヨドバシカメラ  

  モノタロウ  

  Amazon.com  

  西友-SEIYUドットコム  

イオンショップ

私も「ビッグローブ光」に乗り換えました。↓


私も「mineo」に乗り換えました。
満足度調査でトップクラスらしい。↓



私も「Norton Internet Security」使ってます。↓

シマンテックストア




楽天モーションウィジェット
A8.net版

(あなたのご利用傾向から)





利用しているアフィリエイト


機能的かも↓


「西友 SEIYUドットコム」のアフィリエイトならここ↓


記事が少なくても審査に通りました。↓

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

「住信SBIネット銀行」のアフィリエイトならここ↓

アフィリエイトのアクセストレード

誰もが知る楽天市場↓


なんでもござれのAmazon↓





試用スペース

試しに貼ってみた

↓ローテーションバナー(無作為)






ここまで試用スペース



selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM