賞味期限と売れ残りの話

  • 2018.04.23 Monday
  • 19:29

賞味期限と売れ残りの話が時々目に付きますが、
議論している人たちがおかしな事があります。
一方的な主張ばかりで、
反対意見を述べている人が、反対の立場が分かっていないという事態です。


<消費者の都合を度外視した議論>

消費者の都合を度外視して、
誰もそれに気付かずに議論していると言う、
おかしな現場を目撃する事が何度かありました。

販売する側の都合として言われていたのは、

  • 賞味期限が切れたり近くなったりした商品は売る事ができない。
  • 新しいものを奥に入れても、手前を避けて持って行く人がいて困る。
  • 新しいものを先に買われてしまったら、古いものが売れ残る。
  • 仕入れにお金が掛かるのだから、受け残ると損害になるから、その分を価格に反映しないと採算がとれなくなる。
  • 廃棄するのにもお金が掛かるし、勿体無い。
  • 買った後に賞味期限が切れても、すぐに飲食できなくなるわけじゃない。匂いや色で判別がつく。
  • 買った後に賞味期限が切れても、すぐに味が落ちるわけじゃない。
  • その辺りを理解している消費者は、そんな事をしないし、それがマナーであり常識人。

などであります。
一方、それに反論する側の意見としては、

  • そんなのは売る側の都合で、消費者には関係ない。
  • 新鮮なものが欲しいのが消費者心理。
  • 新鮮な方が美味しいと思う。
  • 店が仕入れすぎた責任を消費者に押し付けるな。

などであります。

売り手側の主張はもっともですね。
但し、爛┘喚甦歃个靴任垢。
そんなエゴの塊のようなお店では、あまり買いたくないですけどね。

私は、この反論している側が、おかしいと思うのです。
本当に消費者の立場になっているのか?
本当に消費者の状況が分かっているのか?

さて、
消費者の諸君。
買ったものを爐い牒畩暖颪垢襪里任垢?
買ったその場ですぐ?
家に持ち帰ったらすぐ?
そうとは限らないでしょう。
その日の晩に消費する事もあれば、
明日、明後日に消費する事もあるでしょう?
皆が皆、毎日買い出しに出かけられるわけではありません。
何日か分をまとめ買いする人は少なくないはずです。
つまり、
明後日までの分なら、
今日が賞味期限のものは買いたくないでしょう。
自分が消費するつもりの日にちまで賞味があるものを
選びたいはずです。
なぜ、それが出てこないのか不思議でなりません。
その都合が議論のテーブルの上に乗っている場面を殆ど見ないので、
私は、「おかしな連中が反論しているな」と思うのです。


<消費者は騙されているのに香りと色で判断できるのか>

とあるラジオの毒舌コメンテーター(年配女性)が、
ある日話していた内容なのですが、
「賞味期限は、消費期限とは違うし、どちらにせよ、香りと見た目で分かるでしょ」
「そういうのがわからないから、今の若い人はダメなのよ」
「賞味期限が切れたからというだけの理由で廃棄するなんて勿体無い」
とかいう一方的な話です。

私は、おかしな事をいうラジオだと思いましたね。
そもそも論ですが、
若い人がそれらを判別する能力をどうやって身に付けるんですか?
自ら人柱となって人体実験すれば学習する?
物騒な。場合によっては死人が出ますよ、それ。
年配の経験と知識が豊富な方々が、
若い人にちゃんと教えていないから、
そういうことができない若い人が増えているんじゃないですか。
何、自分たちの責任無視して勝手な事をほざいているのか。

しかも、その毒舌コメンテーター、
別の日には、
「添加物に神経質になりすぎの人がいる。ちゃんと基準をクリアしたものしか使われていないんだから、飲食しても大丈夫よ。」
とも言っていたのです。
食品添加物は何のために使うと思っているのやら。
現実を知らない妄想家なのか、机上の空論か。
食品添加物は、
味を整えるため、
香りを整えるため、
色や食感などの外見を整えるため、などの目的で使われます。
つまり、使わなければ、
ちょっと変な味、
ちょっと変な香り、
ちょっと変な色や食感、であるわけです。
それを『誤魔化して』、さも美味しく見せかけているのが
食品添加物なのです。
(日持ちをよくする為にも使われるが、ここでは割愛)
つまり、
若干痛んできた飲食品でも、食品添加物の効果が残っていれば、
その「味」「香り」「見た目」は誤魔化されてしまうのです。
そこに、そもそもが経験不足の若い人が、
他人に言われて素人判断で「まだ大丈夫」と考える事が
どれほど危険な事か。

だからこそ、賞味期限や消費期限は重要な判断基準になるのですよ。
しかも、戦後の物が無い貧しい時代じゃあるまいし、
勿体無いとはいえ、
そんな危険を冒してまで飲食するものではない。という方が
理に叶っていると思いますがね。
今の食品は多くが食品添加物を使っていますから、尚更です。

更にもうひとつ突っ込ませて頂くと、
食品添加物の基準やら安全性は、
普遍的な絶対では無いという事を忘れてはいけません。
科学そのものが万能ではありませんし完成もしていません。
日々、試行錯誤と失敗経験を繰り返しながら、
一歩ずつ進化しているものなのです。
それまで安全と考えられていた成分が、
ある日を境にして有害だと認識されるのはよくある話です。
それに、
「害が無い」と言ってもそれは、「健康な大人」が
10年とか20年とか摂取し続けても。という意味です。
一生70年で検証した添加物は恐らくないでしょう。
体の弱いお年寄りや小さな子供、病人で検証した添加物ってあるんですかね。
世代を渡っての悪影響は?
そこまで検証して初めて「安全」と言えると思うのですが。

さて、話が横道に逸れましたが、
現代の飲食品は、そういう実情の中で作られているのです。
現代の消費者は、そういう実情の中で生活しているのです。
味、香り、見た目で判断したい人は勝手にすればいいですけど、
それを他人に押し付けるのはどうかと思いますね。
お金に余裕が無い人なら兎も角、
廃棄する余裕がある人は、
賞味期限をひとつの判断基準にしても良いと思うのです。

<いつどういう具合に味が変わるのか>

「賞味期限が切れたからといって、すぐに味が変わるわけじゃ無い」
とよく聞きますが、
では、「いつ」「どのように」味が変わるのか。
それは、右肩下がりのグラフのように、
製造直後からなだらかに変化し続けているのです。
賞味期限三日の食品を、出荷直後と、その1時間後で食べ比べても
その違いは判別不可能でしょうけど、
出荷直後と、一週間後なら、違いが判別できるでしょうね。
では、六日後なら?
五日後なら?
四日後なら?
そうです。
賞味期限の前でも後でも、緩やかに味が落ちていっているのです。
「賞味期限」というのは、
「その時までは美味しく召し上がれます」という目安であり、
その時まで全く味に変化が無いと言い切っているのではないのです。
「美味しい」か美味しく無いかは、
個々人の好みと主観によるものですから、
出荷直後の製品の方が、賞味期限ギリギリより美味しい。と感じるのは
不自然ではありません。

そして、
消費者が、同じお金を払うのであれば、
「より美味しいもの」を求めるのが心理でしょう。
まして、購入者が自分で消費するとは限りません。
「より美味しいものを食べさせたい」と思うのは自然な事です。
だから、
消費者が、賞味期限の近いものを避けても理に叶っているのです。


<では、売る側はどうすればいいのだ>

これが分からない人はもう、
商売に向いていないとしか言いようがありませんね。
まして、その失敗の尻拭いをお客様に要求するとか
無責任にもほどがあります。

まずそもそも、
販売計画を立てて、売れ残らないように仕入れを調整するのが
まず第一でしょう。
或いは、売れ残る分を計算に入れておくのも、一つの手です。

そして、売れ残ったものは、自分の責任で処理するべきです。
それがむしろ「常識」だと思いますね。
廃棄するしか無いなら廃棄すればいいのです。
お客様に押し付けずに、自分で消費するならアリでしょう。

或いは、
賞味期限が迫ってくるに応じて、値引きすればいいのです。
その賞味期限でもよければ、
少しでも安いものを選ぶ消費者もいるでしょう。
それでも、新しいものを買いたい人はいるでしょう。
消費者に選択の余地を与えれば良いのです。

たまに、
「チェーン店だから勝手に値引きとかできない」とか
責任転嫁をする人が居ますが、
そのチェーンに加盟したのは自分の判断でしょう?
雇われなら、雇われる事を選んだのは自分の判断でしょう?
中には、先代から無理やり後をつがされたという人も
いるかもしれませんが、
店を畳んで他の仕事を探す権利くらいはあるでしょう?
チェーン店だって、各店舗の意見を総括して
問題定義すれば、仕組みの改善も叶うかもしれません。
何も、無理難題ではありません。
単に、本人が「嫌」なだけでしょ。
理由は勝手に想像できますが。
変化を嫌っているのか、
手間を嫌っているのか、
新しい事をするのが怖いだけか、
いずれにせよ、単なる「エゴ」です。
他所はできているのに、自分だけやらないのは単なる「エゴ」です。

そして、最後に。
「消費者の我儘を叶えたら儲かる」と思いませんか?
それが商人の鑑というものです。



JUGEMテーマ:賞味期限



お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

生活・文化ランキング




[このブログの 「selected entries」「categories」へジャンプする]

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

パンクロック(私が今推している)


[✓]

カウンターなど


[このブログの「selected entries」「categories」へジャンプする]


[✓]

ユグドア」(YggDore)に登録済みです。
カンパやチップを大歓迎します!
要望等も受け付けてます。
(できる範囲が狭いが)

このページへチップを贈る



DIYフリークの集い
(ウェブリング)

前へ
このサイト名欄
次へ
ランダムに飛ぶ
リンク一覧
参加を希望する
Q&A

ランダムでサイトをひとつ紹介します。



Twitterも↓やってます

お勧めソフト、サービスなど

私がよく使うショップ

  ヨドバシ.com/ヨドバシカメラ  

  モノタロウ  

  Amazon.com  

  西友-SEIYUドットコム  

イオンショップ

私も「ビッグローブ光」に乗り換えました。↓


私も「mineo」に乗り換えました。
満足度調査でトップクラスらしい。↓



私も「Norton Internet Security」使ってます。↓

シマンテックストア




楽天モーションウィジェット
A8.net版

(あなたのご利用傾向から)





利用しているアフィリエイト


機能的かも↓


「西友 SEIYUドットコム」のアフィリエイトならここ↓


記事が少なくても審査に通りました。↓

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

「住信SBIネット銀行」のアフィリエイトならここ↓

アフィリエイトのアクセストレード

誰もが知る楽天市場↓


なんでもござれのAmazon↓





試用スペース

試しに貼ってみた

↓ローテーションバナー(無作為)






ここまで試用スペース



selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM