【自作】爪切り立て小箱/その12

  • 2018.04.04 Wednesday
  • 17:34

爪切りを立てて収納する小箱を自作します。
設計と型紙の作成には『FreeCAD』を使います。
どのように作成するのかを掲載して、
『FreeCAD』のチュートリアル的な事も記事にしたいので、
そうすると膨大な文量になってしまう為、何回かに分ける事にします。

【前回まで】


<その12の完成画像>


今回の「その12」では、
「壁右前」「壁斜右前」「壁前」を展開します。


<準備>

  • 製図には、
    前回に引き続き『FreeCAD Mac版』ver0.16を使っています。

<工程>

  1. 前回の続きから始めます。
  2. 「壁右前」と「壁斜右前」を表示します。
  3. 「左面図ビューに切り替えて、
    部品の位置関係を見て、面取りすべきエッジの場所を覚えておきます。
  4. 「壁斜右前」を隠し、
    「壁斜右前」と交わっていた「壁右前」の内側のエッジを選択します。
  5. ワークベンチメニューから「Part」を選択し、
    「面取り」します。
    内容は「長さ」が「0.5mm」です。
  6. 「上面図ビュー」に切り替え、「壁斜右前」を表示します。
    「壁右前」と「壁斜右前」の接している辺りを程良く拡大します。
  7. 今作成した「壁右前」の面取りの位置が正しいか確認したら、
    「Chamfer002」のLabel名を変更しましょう。
    私は、「壁右前(折り溝)」に改名しました。
  8. 「壁右前(折り溝)」を選択状態にして、
    ワークベンチメニューから「Draft」を選択します。
    「壁右前(折り溝)」を「回転」します。
    1. 「壁右前」と接している
      「壁右前(折り溝)」の外側の頂点をクリックします。
    2. 「壁右前(折り溝)」の外側のエッジをクリックします。
    3. 「壁右前」と一直線になる位置でクリックします。
  9. 「背面図ビュー」に切り替えます。
    適度に拡大します。
  10. 部品の位置関係を見て、
    「壁斜右前」の面取りすべきエッジの場所を覚えておきます。
    「壁右前(折り溝)」と「壁前」を隠します。
  11. 作業しやすい様に適度に拡大してから、
    「壁斜右前」の右側のエッジと
    左の内側のエッジの、計2本を選択状態にし、
    ワークベンチメニューから「Part」を選択して、
    「面取り」します。

    内容は「長さ」が「0.5mm」です。
  12. 「上面図ビュー」に切り替え、
    「壁斜右前」の2ヶ所の面取りが正しい位置か確認したら、
    今作成した「Chamfer003」のLabel名を変更しましょう。
    私は、「壁斜右前(折り溝)」にしました。
  13. 「壁右前(折り溝)」と「壁斜右前(折り溝)」を選択状態にしてから、
    「和集合」にします。
  14. 今作成した「Fusion005」のLabel名を変更しましょう。
    私は、「壁斜右前+壁右前(折り溝)」にしました。
  15. 「壁前」を表示して、
    「壁斜右前+壁右前(折り溝)」を選択状態にしてから、
    ワークベンチメニューから「Draft」を選択し、
    「回転」します。
    1. 「壁前」と接している
      「壁斜右前+壁右前(折り溝)」の外側の頂点
      クリックします。
    2. 「壁斜右前+壁右前(折り溝)」の外側のエッジ
      クリックします。
    3. 「壁前」と一直線になる位置でクリックします。
  16. 「不等角投影ビュー」に切り替え、
    「底板」を表示します。

    適当に回転させ、部品の位置関係を把握してください。
  17. 「背面図ビュー」に切り替え、
    「底板」と
    「壁斜左前+壁左前(折り溝)」と
    「壁斜右前+壁右前(折り溝)」の、三つを隠します。
  18. 「底板」と接しているエッジ、
    「壁斜左前+壁左前(折り溝)」と接しているエッジ、
    「壁斜右前+壁右前(折り溝)」と接しているエッジ、
    の3本を選択状態にしてから、
    ワークベンチメニューから「Part」を選択し、
    「面取り」します。
    内容は「長さ」が「0.5mm」です。
  19. 今作成した「Chamfer004」のLabel名を変更しましょう。
    私は、「壁前(折り溝)」にしました。
  20. 「壁斜左前+壁左前(折り溝)」と
    「壁斜右前+壁右前(折り溝)」を表示します。
  21. 「壁斜左前+壁左前(折り溝)」と
    「壁斜右前+壁右前(折り溝)」と
    「壁前(折り溝)」の、
    三つを選択状態にしてから「和集合」にします。

    すると、図形がおかしくなってしまいました。
    「壁前(折り溝)」に相当する部分が真っ黒で、
    「壁斜左前+壁左前(折り溝)」に相当する部分は消えてしまっています。
    『FreeCAD』ではたまにこういう不都合が起こります。
    今回は、和集合にする前の選択の順番を変えてみましょう。
    一旦、[command]+[Z]キーで元に戻してから、
    その三つをもう一度表示して、
    「壁斜左前+壁左前(折り溝)」を最初に、
    「壁前(折り溝)」を二番目に、
    「壁斜右前+壁右前(折り溝)」を最後に、
    選択状態にしてから「和集合」にします。

    今度は正常に作成できたようです。
  22. 今作成した「Fusion006」のLabel名を変更しましょう。
    私は、「壁前パート」に改名しました。
  23. 「底板」を表示して、
    「右面図ビュー」に切り替えて、
    作業しやすい様に適度に拡大します。
  24. 「壁前パート」選択状態にしてから、
    ワークベンチメニューから「Draft」を選択し、
    回転します。
    1. 「底板」と接している
      「壁前パート」の外側の頂点
      クリックします。
    2. 「壁前パート」の外側のエッジ
      クリックします。
    3. 「底板」と一直線になる位置でクリックします。
  25. 「不等角投影ビュー」に切り替え、
    「画面上の全てのコンテンツにフィット」させます。
    各部品に相当する部分に間違いがないか確認します。
    必要であれば、拡大や回転をして見て下さい。
    ここまでの工程で、図形は以下の画像のようになっている筈です。

<次回予告>

次回の「その13」では、
背面側の展開に進みます。
【自作】爪切り立て小箱/その13





お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

Macランキング

手作り・DIYランキング




[このブログの 「selected entries」「categories」へジャンプする]

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

カウンターなど


[このブログの「selected entries」「categories」へジャンプする]


[✓]

ユグドア」(YggDore)に登録済みです。
カンパやチップを大歓迎します!
要望等も受け付けてます。
(できる範囲が狭いが)

このページへチップを贈る



DIYフリークの集い
(ウェブリング)

前へ
このサイト名欄
次へ
ランダムに飛ぶ
リンク一覧
参加を希望する
Q&A

ランダムでサイトをひとつ紹介します。



Twitterも↓やってます

お勧めソフト、サービスなど

私がよく使うショップ

  ヨドバシ.com/ヨドバシカメラ  

  モノタロウ  

  Amazon.com  

  西友-SEIYUドットコム  

イオンショップ

私も「ビッグローブ光」に乗り換えました。↓


私も「mineo」に乗り換えました。
満足度調査でトップクラスらしい。↓



私も「Norton Internet Security」使ってます。↓

シマンテックストア




楽天モーションウィジェット
A8.net版

(あなたのご利用傾向から)





利用しているアフィリエイト


機能的かも↓


「西友 SEIYUドットコム」のアフィリエイトならここ↓


記事が少なくても審査に通りました。↓

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

「住信SBIネット銀行」のアフィリエイトならここ↓

アフィリエイトのアクセストレード

誰もが知る楽天市場↓


なんでもござれのAmazon↓





試用スペース

試しに貼ってみた

↓ローテーションバナー(無作為)






ここまで試用スペース



selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM