【自作】爪切り立て小箱/その1◆2018.04.01加筆

  • 2018.03.20 Tuesday
  • 22:00

爪切りを立てて収納する小箱を自作します。
設計と型紙の作成には『FreeCAD』を使います。
どのように作成するのかを掲載して、
『FreeCAD』のチュートリアル的な事も記事にしたいので、
そうすると膨大な文量になってしまう為、何回かに分ける事にします。


<その1の完成画像>

0
今回の「その1」では、
基準となる角をひとつ決めるところまでを解説します。
上記の完成画像は真上から見た図になっていて、
まだ二次元であり立体になっていません。


<準備>

  • 製図には、
    『FreeCAD Mac版』ver0.16を使っています。
    まだ導入していない方は、
    『FreeCAD Mac版』の導入」を参考に導入して下さい。
  • 完成イメージを頭の中に作ります。
    そのために、大雑把な寸法を決めます。
    1. 今回作る小箱は、別のバスケットに入れ子にして使うつもりです。
      そのバスケットの内側の角が丸いので、
      それにフィットするようにしたいので、
      その半径を図ります。

      おおよそ5mmでしょうか。
      それを、これから作る小箱の外側の角の寸法の元にします。
      (半径を測るのに使っているものは、「【自作】R測定簡易定規(クレジットカードサイズ版)」で自作したものです)
    2. 高さは、バスケットよりもやや低い高さにしたいので、
      外寸で65mmにします。
    3. 幅は、爪切りを二本立てたいので、
      その合わせた幅が約42mmです。
      これを内寸にします。
    4. 材料は、ポリプロピレン製のシートで厚み0.75mmのものを
      切って組み立てる事にします。

<工程>

  1. 『FreeCAD Mac版』を起動します。
  2. 画面上部のメニューバーから
    「ファイル」→「新規」と選択します。
  3. ワークベンチメニューから「Sketcher」を選択します。

  4. 「新規スケッチを作成」ボタンをクリックします。
    • ツールバーは自由に移動できるので、各ボタンの位置はこのページに掲載している画像とは違う位置にあるかもしれません。
  5. 「方向を選択」ダイアログが現れるので、
    そのまま内容を変更せずに「OK」をクリックします。

  6. まず、角を決めてしまいましょう。
    補助線で角の弧を描きますので、
    「ツールバーまたは選択したジオメトリーを補助モードと切り替えます」ボタンをクリックします。

    すると、作成するアイコンの線が青色に変わります。

    この状態で線などを描画すると、補助モードの描画になります。
  7. 「スケッチに円弧を作成」ボタンをクリックします。
  8. グリッドの中心点の右上辺りに、大雑把に円弧を描きます。
    • 1回目のクリックで、円弧の中心が決まります。
    • 2回目のクリックで、円弧の開始位置が決まります。
    • 3回目のクリックで、円弧の終了位置が決まります。
    円弧は、円弧の中心の左下に扇状に描きます。
  9. 「スケッチに長方形を作成」ボタンをクリックします。
  10. 先に描いた円弧の上と右側に1個ずつ、大雑把に長方形を描きます。
    • 1回目のクリックで、長方形の開始位置が決まります。
    • 2回目のクリックで、長方形の終了位置(対角)が決まります。
  11. [esc]キーを押して「スケッチに長方形を作成」モードを解除します。
  12. 描いた円弧の上側の頂点と、
    その上の長方形の左下の頂点をクリックして選択状態にします。
    • 選択状態の頂点は緑色になります。
  13. 「選択されているアイテムに対して一致拘束を作成」ボタン
    クリックします。
    • ボタンのアイコンが、「スケッチ上に点を作成」ボタンと良く似ているので間違わないように注意して下さい。

    すると、選択中の2点が一致するように移動して拘束状態となります。
    • 拘束状態になると、一部の変更に合わせて、自動計算されて辻褄が合うように描画し直してくれます。
    • 複数の拘束に矛盾が生じるとエラーとなります。
  14. 同様に、円弧の右側の頂点と、
    その右の長方形の左下の頂点をクリックして選択状態にし、
    一致拘束にします。
  15. 円弧と、その上の長方形の左辺をクリックして選択状態にします。
  16. 「2つのエンティティ間に正接拘束を作成」ボタンをクリックします。

    すると、選択中の円弧と辺が一致するように移動して
    拘束状態となります。
  17. 同様に、円弧と、その右の長方形の底辺をクリックして選択状態にし、
    正接拘束にします。
  18. 円弧をクリックして選択状態にし、
    「円または円弧の半径を固定」ボタンをクリックします。

    すると、「半径を変更」ダイアログが現れるので、
    「半径」項目の内容を「5 mm」に変更し、「OK」ボタンをクリックします。

    円弧の半径が固定されると、画面に寸法が表示されます。
  19. 右の長方形の左下の頂点と、
    グリッドの横軸をクリックして選択状態にします。
  20. 「点をオブジェクト上に拘束する」ボタンをクリックします。

    すると、選択中の頂点が横軸上に移動して拘束状態となります。
  21. 同様に、上の長方形の左下の頂点を、グリッドの縦軸上に拘束します。
  22. これで、基準となる角が決まりました。
    画面上部のメニューバーから、
    「ファイル」→「保存」
    と選択し、任意の場所に一旦保存しておきましょう。
    • 後述しますが、『FreeCAD Mac版』は、
      保存の履歴を残せますので、
      ひとつの専用のフォルダーを作って、
      その中に保存しておいた方が、あとから探しやすくなります。
      例えば、
      「爪切り立て」というフォルダーを作った中に、
      同じ「爪切り立て」という名称で保存しておくという事です。
      (本体ファイルの拡張子は「.FCStd」になる)

<次回予告>

次回の「その2」では、
壁面と他の三つの角を、真上から見た状態で描画します。
【自作】爪切り立て小箱/その2





お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

Macランキング

手作り・DIYランキング




[このブログの 「selected entries」「categories」へジャンプする]

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

カウンターなど


[このブログの「selected entries」「categories」へジャンプする]


[✓]

ユグドア」(YggDore)に登録済みです。
カンパやチップを大歓迎します!
要望等も受け付けてます。
(できる範囲が狭いが)

このページへチップを贈る



DIYフリークの集い
(ウェブリング)

前へ
このサイト名欄
次へ
ランダムに飛ぶ
リンク一覧
参加を希望する
Q&A

ランダムでサイトをひとつ紹介します。



Twitterも↓やってます

お勧めソフト、サービスなど

私がよく使うショップ

  ヨドバシ.com/ヨドバシカメラ  

  モノタロウ  

  Amazon.com  

  西友-SEIYUドットコム  

イオンショップ

私も「ビッグローブ光」に乗り換えました。↓


私も「mineo」に乗り換えました。
満足度調査でトップクラスらしい。↓



私も「Norton Internet Security」使ってます。↓

シマンテックストア




楽天モーションウィジェット
A8.net版

(あなたのご利用傾向から)





利用しているアフィリエイト


機能的かも↓


「西友 SEIYUドットコム」のアフィリエイトならここ↓


記事が少なくても審査に通りました。↓

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

「住信SBIネット銀行」のアフィリエイトならここ↓

アフィリエイトのアクセストレード

誰もが知る楽天市場↓


なんでもござれのAmazon↓





試用スペース

試しに貼ってみた

↓ローテーションバナー(無作為)






ここまで試用スペース



selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM