クレカサイズのカッターガイド/工程編

  • 2017.12.07 Thursday
  • 19:57

先日、

【自作】R測定簡易定規(クレジットカードサイズ版)」という記事を書きましたが、

それに伴って、クレジットカードサイズに切り出しがし易いように、

専用のカッターガイドを作成しました。

今回は、そのクレカサイズ・カッターガイドの「工程編」になります。

(前回は「クレカサイズのカッターガイド/準備編」)

 

<工程>

 

意外と日数が掛かってしまいました。

初号機から通して二週間くらい掛かったと思います。

今回は、設計図を予め起こさず、頭の中だけでイメージして、

あとは、行き当たりばったりで作っていたので、

初号機は失敗に終わり、

弐号機も小ネジの調達に時間がかかりました。(長さ12mmとか8mmとか中途半端なのは、近隣のホームセンターには置いてなかったし)

また、プラスチック部分の面取りに失敗しプラリペアを使った分もあります。

  1. パーツDとパーツEを作ります。
    1. 材木Aと材木Bをそれぞれ、200mmと100mmの長さに切る。(都合、4本の部品が出る)
    2. 同じ長さのもの同士で、材木Aと材木Bを木工用ボンドで張り合わせる。(都合、2組の部品になる)
    3. 一旦、指で強く圧着してから、はみ出した余分なボンドを取り除き、
      なるべくズレが無いように四面がぴったり合うように位置を合わせたら、
      クランプなどで押さえて固定してやります(切った時に長さが微妙に誤差があると段差が僅かにできますが、接着剤が固化したあとで削ってやれば良い)。
    4. 100mmの材木Aと材木Bを貼り合わせたものがパーツD。
      200mmの材木Aと材木Bを貼り合わせたものがパーツE。となります。
    5. パーツDとパーツEは、接着剤が固まるまでそっとしておきましょう。
      私が今回使ったタイプは、24時間乾燥させた方が良いようです。
  2. パーツFを二本とパーツGを二本切り出します。

     
    1. パーツFの長さは、クレジットカードサイズの長い辺が元になるのですが、
      微調整は接着剤で行いますので、長さ90mmにすればほぼOKです。
      材木Cから二本切り出します。
    2. 同様に、
      パーツGの長さは、クレジットカードサイズの短い辺が元になるのですが、
      微調整は接着剤で行いますので、長さ60mmにすればほぼOKです。
      材木Cから二本切り出します。
  3. 上記の、素材となるカッターガイドの裏面に、
    シリコーンゴムシート(滑り止め)を貼り付けます。
    1. シリコーンゴムシートは、保護用の薄い膜が貼られていると思いますが、
      それは剥がさずに利用します。
    2. 100×100mmの製品を購入していれば、
      切り出す寸法は10×100mmを三本ですから、
      端から10mmに油性ペンで印を付けて直線を引きます。
      これが、シリコーンゴムに直接だと
      インクのノリが悪すぎて上手くいきません。
      なので、購入時に貼られたままの膜に記入します。
    3. その薄い膜ごとシリコーンゴムシートを切ります。
      この時、しっかりと押さえてやらないと、
      柔らかく伸びるため綺麗にカットできません。
    4. 両面テープの裏表をよく確認します(私はこれで一度失敗してます)。
      どちらか片側がシリコーンゴム対応で、
      もう片方は対応していない場合が普通のようです。
    5. 上記で切り出した短冊状のシリコーンゴムの長さに合わせて、
      両面テープを切ります。
    6. 上記で切り出した短冊状のシリコーンゴムの保護膜を片面だけ剥がします。(剥がした保護膜はもう使いません)
    7. 切り出した両面テープのシリコーンゴム対応面の剥離紙を剥がして、
      シリコーンゴムに貼り付けます。
      片端を爪楊枝かピンセットなどで軽く支えてやると綺麗に貼りやすいです。
      まずは、位置がズレないように気をつけながら、そっと重ねて下さい。
      擦ってはいけません。
      擦るとシリコーンゴムは簡単に伸びるので両面テープがズレてしまいます。
    8. この時、ローラーを使って押さえ付けてやると、
      シリコーンゴムが伸びるのを避けられます。
    9. 上記の、素材となるカッターガイドが300mmのタイプでも、
      両端にメモリ外の部分が5mm程度ずつある筈です。
      私はその部分は無視してシリコーンゴムを貼りませんでしたが、
      気になる方はその分も作って下さい。
    10. 長さ分のシリコーンゴムに両面テープを貼り終えたら、
      素材となるカッターガイドに貼り合わせます。
      この時もまた、
      爪楊枝かピンセットで片端を支えてやると綺麗に貼りやすいです。
      最初は軽く重ねるだけで擦らずに、ローラーで押し付けてやります。
  4. ここまでの行程で、最初のパーツDとパーツEの乾燥待ちになります。
  5. パーツDとパーツEが確実に固まったら、各パーツを接着していきますが、その前に材木の表面を研磨紙(#320くらい)で磨いて均してやりましょう。材木Aと材木Bを張り合わせた時の段差があるようなら、ここで削って整えてしまって下さい。
  6. 完成写真の形になるように、
    素材となるカッターガイドにパーツDを二本のパーツFで繋げます。
    1. この時、正確にクレジットカードサイズにするために、
      スケールではなく実物のカードを使って位置決めをした方がいいでしょう。
    2. まず、パーツDの両端に(から数ミリ内側にしても良い)、
      パーツFを木工ボンドで貼り合わせ、軽くクランプで押さえてやります。
    3. パーツFに支えを得つつ、
      パーツDに実物カードの端を当てた状態で輪ゴムで固定します。
    4. これで測らなくてもクレジットカードサイズが判るので、
      パーツFの反対端に
      素材となるカッターガイドをプラスチック用接着剤で接着し、
      クランプなどで固定してやります(画像は作成途中のものではなく、完成品で当時の状況を再現しています)。
    5. この時、素材となるカッターガイドの向きに注意しましょう。
      ガイドの金属部分が外側になるようにしてください。
    6. 同様にして、パーツEの両端に(から数ミリ内側にしても良い)、
      パーツGを木工ボンドで貼り合わせ、軽くクランプで押さえてやります。
    7. パーツGに支えを得つつ、
      パーツEに実物カードの端を当てた状態で輪ゴムで固定します。
    8. パーツGの反対端に
      素材となるカッターガイドをプラスチック用接着剤で接着し、
      クランプなどで固定してやります。
    9. 接着剤類が固まる前に、
      微調整をして正確にクレジットカードサイズになるように
      上手くずらします。
    10. 位置が完全に決まったら、ズレないようにクランプでしっかり締め付けます。(上の画像では、仮止め用の簡易なバネクランブを使用していますが、完全固定するにはC型クランプが良いでしょう)
  7. 上の写真は完成品で再現していますので、袋ナットが既に締められていますが、
    ここまでの行程ではまだやりません。
  8. 接着剤類が完全に固まるまで、そっとしておきましょう。
    私が今回使ったタイプは、24時間乾燥させた方が良いようです。
  9. 接着剤が固まれば、もう完成にも見えますが、
    接着剤だけだと心もとないので、小ネジを通して補強します。
    1. クランプは全て外さずに、必要最低限のところだけ外すようにしましょう。
    2. 計八ヶ所を接着しているので、以下と同じ要領を八回繰り返します。
    3. まず、接着面の真ん中を通る位置にポンチで印をつけます。
    4. 次にドリルで穴を貫通させます。
      下に当て木などを敷いた方が安全だし綺麗に仕上がります。
    5. 穴の裏面側に、小ネジの皿頭が収まる窪みを付けます。
      面取りカッターを使えば簡単です。
      1. ですが、ここでイレギュラーが発生。
        面取りの芯がズレてしまったようで、
        小ネジを入れると真っ直ぐではなく斜めになってしまいます。
      2. そのまま強引にやる手もありましたが、
        ここは「プラリペア」を使う事にしました。(失敗したのはプラスチック側)
      3. 一旦、小ネジを抜き取り、その小ネジのネジ山に離型剤を微量付着させます。
        たっぷり漬ける必要はありません。
      4. 離型剤を微量付着させた小ネジを、逆の表側から差し入れて、
        マスキングテープなどで落ちないように押さえます。
      5. 裏面の失敗した窪みに、プラリペアを盛ってやります。
      6. プラリペアは5分くらいで固まるそうですが、
        念のため小一時間ほど放置しました。
      7. プラリペアがしっかり固まっているのを確認し、
        マスキングテープを剥がします。
      8. ドライバーを使って丁寧に小ネジを抜き取ります。
      9. 盛り上がって余分な部分を
        #320くらいの研磨紙で削り取って平らに均してやります。
      10. 当然、元のプラスチック面も擦ってしまうので、曇ってしまいます。
      11. そこで、#800、#1500、#2000と番手を上げながら丁寧に磨いてやります。
      12. 仕上げにコンパウンドで磨けば、元の透明度を取り戻します。

        (あ。曇った状態の写真がないじゃないか。これでは対比があ…)
      13. そして、今度は失敗しないように慎重に、
        芯がズレないように注意しながら、
        面取りカッターで窪みを作り直してやります。
    6. 皿頭が、0.1mmくらい沈み込むくらいの深さが良いでしょう。
      でも深く抉りすぎると壊れてしまいやすくなるので程ほどに。
    7. バリが出ているようなら、研磨紙で取り除いてやりましょう。
    8. 空けた窪み(つまり裏側)から小ネジを差し込み、
      表側に出っ張ったネジの先に、
      ワッシャーを入れて袋ネジで締め付けるのですが、
      袋ネジ側にネジロックを適量付着させておきましょう。
    9. あまり力づくに強く締め付けると壊れてしまうので、程ほどに。
      そして、ネジロックを使っていれば緩む事はほぼ無いでしょう。
  10. 八ヶ所の小ネジを締め付けたら、やっと完成です。

 

<次回予告>

次回は「使い方編」の予定です。

 

 

JUGEMテーマ:DIY&工具

 


お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

手作り・DIYランキング

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サンスター/ダブル削器 セクト ブルー/4306-503
価格:89円(税込、送料別) (2017/12/6時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゼブラ/マッキーケア超極細 赤/YYTH3-R
価格:82円(税込、送料別) (2017/12/6時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メジャー 3m 水平器・ストッパー付
価格:108円(税込、送料別) (2017/12/6時点)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オルファ:ホビーのこ 167B
価格:624円(税込、送料別) (2017/12/6時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

H&H PCバネクランプ25mm PC-256 6pcsセット
価格:224円(税込、送料別) (2017/12/6時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三共 TCP-810 TRADセンターポンチ 8X100mm
価格:103円(税込、送料別) (2017/12/6時点)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

EARTH MAN 面取カッター 5枚刃 9mm TKG-1301346
価格:158円(税込、送料別) (2017/12/6時点)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エーモン工業 ミニスパナ8丁組 1306
価格:604円(税込、送料別) (2017/12/6時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

造形補修剤 プラリペアキット PL-16 透明
価格:1029円(税込、送料別) (2017/12/6時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【呉工業 クレ KURE】シリコンルブスプレー 420ml
価格:224円(税込、送料別) (2017/12/6時点)

 

[このブログの「selected entries」「categories」へジャンプする]

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

カウンターなど


[このブログの「selected entries」「categories」へジャンプする]


[✓]

ユグドア」(YggDore)に登録済みです。
カンパやチップを大歓迎します!
要望等も受け付けてます。
(できる範囲が狭いが)

このページへチップを贈る



DIYフリークの集い
(ウェブリング)

前へ
このサイト名欄
次へ
ランダムに飛ぶ
リンク一覧
参加を希望する
Q&A

ランダムでサイトをひとつ紹介します。



Twitterも↓やってます

お勧めソフト、サービスなど

私がよく使うショップ

  ヨドバシ.com/ヨドバシカメラ  

  モノタロウ  

  Amazon.com  

  西友-SEIYUドットコム  

イオンショップ

私も「ビッグローブ光」に乗り換えました。↓


私も「mineo」に乗り換えました。
満足度調査でトップクラスらしい。↓



私も「Norton Internet Security」使ってます。↓

シマンテックストア




楽天モーションウィジェット
A8.net版

(あなたのご利用傾向から)





利用しているアフィリエイト


機能的かも↓


「西友 SEIYUドットコム」のアフィリエイトならここ↓


記事が少なくても審査に通りました。↓

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

「住信SBIネット銀行」のアフィリエイトならここ↓

アフィリエイトのアクセストレード

誰もが知る楽天市場↓


なんでもござれのAmazon↓





試用スペース

試しに貼ってみた

↓ローテーションバナー(無作為)






ここまで試用スペース



selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM