クレカサイズのカッターガイド/準備編

  • 2017.12.06 Wednesday
  • 19:34

先日、

【自作】R測定簡易定規(クレジットカードサイズ版)」という記事を書きましたが、

それに伴って、クレジットカードサイズに切り出しがし易いように、

専用のカッターガイドを作成しました。

 

<完成写真>

実は、弐号機なんです。これ。

 

<失敗作>

初号機は失敗作に終わってしまいました。

使えないこともないのですが、動線的に使い辛いものになってしまい、

カット作業の効率アップがあまり見込めないのです。

仕方ないので、一から作り直しです。

 

<材料>

  • 百均で売っているカッターガイド(長さ300mm型)
    • ガイド部分がアルミのものはNGです。すぐ削れてガタガタになるから。
    • ステンレス製のものも売っています。
    • カッターの刃が当たる部分だけ硬ければいいので、
    • プラスチック定規のタイプを選んだほうが、加工が楽になります。
  • 材木A(厚:4mm)と材木B(厚:3mm)
    • 素材となる上記カッターガイドとカッティングマットを合わせた厚みの材木。
    • 今回の私の場合、
    • 上記カッターガイドが厚み3mm+カッティングマットが厚み4mmで、
    • =合計7mmとなりました。
    • (後述する滑り止めと両面テープの厚みも考慮に入れたほうがいいのだが、コンマ単位で厚みを調整するのは困難なので、今回は無視することとした)
    • 丁度7mmという厚みの材木が手に入らず、
    • 無視した誤差分を切り上げて8mmにしようにも、そちらも無く、
    • 4mmと3mmの材木が売っていたので張り合わせて7mm厚にしたいと思います。
    • 長さは、素材となる上記カッターガイドと同じ長さがあればいいので
    • 通常売っている単位なら余るでしょう。
    • 幅は、15mmのものを今回はチョイス。
    • 細すぎると歪み易くなりますし、太すぎると取り回しに無駄な動きが出ます。
  • 材木C(幅:9mm、厚:3mm)
    • 上記の、素材となる上記カッターガイドと材木A、材木Bを繋ぎます。
    • なるべく細いほうが邪魔にならないのですが、
    • 細すぎると強度が足りなくなります。
    • 今回は、9mm幅のものを使って、呼び径3mmの小ネジで補強します。
    • 厚みは、幅と同様大きいと邪魔になるし、薄すぎると強度不足になります。
    • 長さは、クレジットカードの四辺分にのりしろ部分を足しただけ要りますが、
    • おおよそ300mmあれば足りるでしょう。
    • 上記の材木A、材木Bの余りを流用しても構いません。
  • 木工用ボンド
    • 材木同士を接着するのに使います。
  • プラスチック用接着剤
    • 上記の、素材となるカッターガイドがプラスチック定規のタイプなので、
    • プラスチック用を。
    • プラスチックと材木を貼り合わせるので、両方に使えるものをチョイス。
  • 皿頭 小ネジ(M3×12mm)
    • 材木A+Bと材木Cを張り合わせた箇所を小ネジで補強します。
  • 皿頭 小ネジ(M3×8mm)
    • 素材となるカッターガイドと材木Cを張り合わせた箇所を小ネジで補強します。
  • 袋ナット(M3)
    • 通常のナットだと、小ネジの先がはみ出て手触りが悪くなりますので、
    • 袋ナットをチョイス。
  • ワッシャー(M3×8mm)
    • 袋ナットの座金に使用します。厚みは気にせず普通に0.5mmのものを。
  • ネジロック
    • 小ネジと袋ナットとの緩み止めに。
  • シリコーンゴムシート(厚:0.5)
    • 出来上がったカッターガイドに滑り止めを付けます。
    • 長さは、素材となるカッターガイドの長さが要りますので、
    • 約300mmになりますが、
    • 一枚ものでは高価になってしまうので、
    • 100×100mmのものを短冊状に切って直線に並べてやればOKです。
    • 幅はお好みで。私は10mm幅にしました。
  • シリコーンゴム対応の両面テープ
    • 接着剤でもいいのですが、仕上がりが綺麗なのは両面テープです。
    • 上記の短冊状にしたシリコーンゴムシートを、
    • 素材となるカッターガイドに貼り付けるので、
    • 両方の素材に対応しているものが望ましいです。
    • 幅は、上記のシリコーンゴムシートの切り出す幅に合わせて下さい。
    • 私は、敢えて5mm幅のものを購入しました。
    • 沢山使わないのに10mm幅だと約倍値になってしまうからです。
    • 少々面倒ですが、5mm幅の両面テープを二本並べて、
    • 合わせて10mm幅とするやり方にしました。

 

<道具>

  • 赤鉛筆
    • 材木に寸法を印します。
    • 普通の安い色鉛筆だと芯が柔らかくて使いづらいので、
    • 「硬質」のものを選んだ方がやり易いと思います。
    • 私の最近のお気に入りは、「三菱鉛筆」の「7700」番です。
    • 一時期生産終了が危ぶまれていたようですが、
    • 「橙色、黄緑、水色」と共に生産続行しているそうです。
  • 鉛筆削り
    • 必要に応じて。色鉛筆用のものが望ましいでしょう。
  • 超極細油性ペン(赤)
    • 絵赤鉛筆では書けない箇所に寸法を印します。
    • 色は必ずしも赤でなくとも構いませんが、慣例的に私は寸法は赤で印します。
  • スケール
    • 寸法を測ります。コンベックスタイプで良いかと。
    • あと、曲尺(かねじゃく)があると直角を出し易いです(今回は大雑把でも構いませんが)。
  • ホビーのこ
    • 小さい素材は、小型の鋸の方が切り易いですね。
  • クランプ
    • 材料の仮止めに使います。必要な大きさを必要な個数用意します。
    • 私は、小さいタイプでバネクランプを2個仮止めに、
    • それとC型クランプを4個使いました。
    • 八ヶ所一度に固定できるだけの数を持っていなかったので、
    • 工程を二回に分けて、四ヶ所ずつ作業しました(その分日にちが掛かりますが)。
  • 爪楊枝
    • あると色々と便利。
    • 今回は、はみ出した余分な接着剤を取り除くのに使い、
    • ネジロックを付着するのにも使いました。
  • 輪ゴム
    • これも仮止めに使います。普通の大きさのが10本程度あれば良いでしょう。
  • センターポンチ
    • 小ネジを通す穴の芯を付けます。
  • ドリル
    • 小ネジを通す穴を空けます。電動のものが望ましいかと。
    • 刃の径は、小ネジに合わせて、3.0mmか3.2mmくらいが良いでしょう。
  • 面取りカッター
    • 小ネジの皿頭を埋没させるために、ドリルで空けた穴の面取りをします。
  • カッター
    • 普通のカッターです。
    • 今回は、上記のシリコーンゴムシートを切るのに使います。
  • カッターガイド
    • 素材にも使いますが、シリコーンゴムシートを切るのにも使います。
  • 防刃の手袋
    • 無くてもいいのですが、あった方がより安心です。
  • 押さえローラー
    • 壁紙などを貼る時に使う押さえ具です。
    • 今回は、シリコーンゴムシートを貼るのに使います。
  • 研磨紙(#320)
    • 材木の表面を手触り良くするために。あと、切削のバリ取りに。
    • 今回は素材が小さいので、
    • あまり熱心に掛けすぎると形が歪んでしまいますから、程々に。
  • ドライバー
    • 小ネジを締め付けます。サイズの合ったものを使いましょう。
  • スパナ
    • 袋ナットを締め付けます。サイズの合ったものを使いましょう。
    • 今回の袋ナットは、
    • 6mmのスパナでは緩くて、5mmだと入らない。つまり、
    • 5.5mmだという事にあとから気がついて、
    • 幾つもの工具箱を引っ掻き回して、昔買った精密スパナを発掘しました。

 

<イレギュラーで使ったもの>

後述しますが、今回は弐号機でも若干失敗があって、予定外の物を使いました。

  • プラリペア
    • プラスチック部分の面取りに失敗したので、補修に使いました。
  • 離型剤
    • 「KURE」の「シリコーンルブ」をチョイス。
    • 「CRC-556」などで代用しても良い。
  • マスキングテープか養生テープ
    • 何れにしても、仮止めに使うので剥がしやすいものをチョイス。
  • 研磨紙(#800、#1500、#2000)
    • プラリペアを施した箇所の研磨に。
  • コンパウンド
    • プラリペアを施した箇所の仕上げに。
  • 脱脂綿
    • コンパウンドで磨く際に。
    • ボロ布などで代用してもいいですが、
    • 布の構造によっては無駄が多くなるので注意が必要です。

 

<次回予告>

文章にしてみると、意外とかなりの文量になってしまったので、

記事を三つに分ける事にしました。

次回は「工程編」、次々回は「使い方編」という流れの予定です。

 

 

JUGEMテーマ:DIY&工具

 


お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

手作り・DIYランキング

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セメダイン 木工用(接着剤) P50ml
価格:139円(税込、送料別) (2017/12/6時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コニシ ボンド GPクリヤー 20ml #14372
価格:166円(税込、送料別) (2017/12/6時点)

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大里 メッキ 袋ナット M3 (61961) 10本
価格:117円(税込、送料別) (2017/12/6時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LOCTITE ロックタイト ねじロック 243 中強度タイプ 0.5ml LNR-43S
価格:303円(税込、送料別) (2017/12/6時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

十川ゴム シリコーンゴムシート 厚さ0.5mmK-125(50) W100*L100 1枚
価格:204円(税込、送料別) (2017/12/6時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

寺岡製作所 フィルム両面テープ NO.767 #50NO.767 #50 10mm×30m 1巻
価格:1501円(税込、送料別) (2017/12/6時点)

 

[このブログの「selected entries」「categories」へジャンプする]

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

カウンターなど


[このブログの「selected entries」「categories」へジャンプする]


[✓]

ユグドア」(YggDore)に登録済みです。
カンパやチップを大歓迎します!
要望等も受け付けてます。
(できる範囲が狭いが)

このページへチップを贈る



DIYフリークの集い
(ウェブリング)

前へ
このサイト名欄
次へ
ランダムに飛ぶ
リンク一覧
参加を希望する
Q&A

ランダムでサイトをひとつ紹介します。



Twitterも↓やってます

お勧めソフト、サービスなど

私がよく使うショップ

  ヨドバシ.com/ヨドバシカメラ  

  モノタロウ  

  Amazon.com  

  西友-SEIYUドットコム  

イオンショップ

私も「ビッグローブ光」に乗り換えました。↓


私も「mineo」に乗り換えました。
満足度調査でトップクラスらしい。↓



私も「Norton Internet Security」使ってます。↓

シマンテックストア




楽天モーションウィジェット
A8.net版

(あなたのご利用傾向から)





利用しているアフィリエイト


機能的かも↓


「西友 SEIYUドットコム」のアフィリエイトならここ↓


記事が少なくても審査に通りました。↓

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

「住信SBIネット銀行」のアフィリエイトならここ↓

アフィリエイトのアクセストレード

誰もが知る楽天市場↓


なんでもござれのAmazon↓





試用スペース

試しに貼ってみた

↓ローテーションバナー(無作為)






ここまで試用スペース



selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM