Macの失われた機能

  • 2017.11.28 Tuesday
  • 20:28

<まえがき>

  • 情報求む!:

情報が足りません。スカスカです。

「これも載せろ!」というご意見、歓迎します。

もっと充実させたいので、コメントを下さい。

記載内容の間違いなどありましたら、ご指摘を下さい。

  • この記事を読むにあたって:
筆者は、この知恵ノートの記載内容に一切の責任を持ちません。
ネット上で拾い集めた断片的な情報を継ぎ接ぎしただけに過ぎません。
一部の内容は、筆者の元で検証していますが、全てを検証してはいません。
その為、間違っている箇所がある可能性が多分にあります。
 
ご指摘がありましたら、参考URLと共に
ページ下部よりコメントを下さい。

また、この記事をご利用になる際には自己責任でお願いします。

Appleへの苦情や要望は、下記へどうぞ。

 

【目次】

<まえがき>

情報求む!:

この記事を読むにあたって:

<概要など>

<Macの失われた機能>

調査中・掲載予定のもの:

<〜OS X Mavericks 10.9.5 までで失われた機能>

プライベートブラウズ(Safari):

<〜Mac OS X Snow Leopard 10.6.8 までで失われた機能>

Spaces

Exposé

Finder「常に○○表示で開く」の機能不全

Rosetta

32bitプロセッサ

<〜Mac OS X Leopard 10.5.8 までで失われた機能>

PowerPC プロセッサ

Old Exposé

Sherlock

その他の情報

<〜Mac OS X Tiger 10.4.11 までで失われた機能>

Classic環境

<隠し機能や裏技>

Mac OS X 10.6限定のNTFS読み書き

Mac OS X 10.6の起動ディスクに10.10以降が表示されない

<誤報や勘違いの類い>

<あとがき>

 

<概要など> [目次に戻る]

MacのOSの概要

https://ja.wikipedia.org/wiki/OS_X

 

<Macの失われた機能> [目次に戻る]

このブログ記事の記載には、

イースターエッグなどの、作業に影響しないものは除きます。

一部のマイナーバージョンのみで起こる不都合の類いも除きます。

解決策や、調査済みの情報をお持ちの方は、是非ともご提供下さい!<(_ _)>

  • 開いているフォルダのウインドウが、一部の操作をするとそのフォルダの親フォルダに戻ってしまう問題。
  • Finderのフォルダウインドウの拡大・縮小の機能不全。
  • Finderでの「戻る」で前のページのスクロール位置の記憶が喪失。
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10153415025
  • Finder の「ウインドウ」メニューで [Option] を押すと「ウインドウの整理」が出ていた。
  • Safariの「すべてのタブを再読み込み」(OS X 10.8.5/Safari 6.2.8 ←使える)(OS X 10.11.1/Safari 9.0.1 ←見当たらない)
  • El CapitanのSafari、ツールバーのカスタマイズから、ブックマークボタンが無くなっている。Cover Flowでウェブ履歴やブックマークをめくる機能がなくなっている。
  • El Capitanのディスクユーティリティ及びEl CapitanのOS XユーティリティではFirstaid(ディスクの検証、修復)はできますがアクセス権の検証、修復はできないという情報あり。
  • 10.10からディスクユーティリティからの復元ができなくなったという情報あり。

 

<〜OS X Mavericks 10.9.5 までで失われた機能> [目次に戻る]

《実装開始時期は不明、OS X 10.5.8/Safari 5.0.6では既に実装している》

Safari 7.0.6には現存する。

スクリーンショット 2015-11-11 22.02.00.png

(7.1〜7.1.8は不明)

(OS X 10.10.5/Safari 8.0.8では失われている)

参考:

https://ja.wikipedia.org/wiki/Safari

 

より新しいSafariの「プライベートウインドウ」と違って、

Safari全体を一度にオンオフするため、

既に開いているページがそのまま利用できる。

複数のページを開いている状態でオンオフを切り替えられるため、効率がよい。

 

<〜Mac OS X Snow Leopard 10.6.8 までで失われた機能> [目次に戻る]

参考:やめとけって!『OSX Lion』をMacに導入すべきでない3つの理由

http://www.moxbit.com/2011/07/must-not-install-lion-3reason.html

《Mac OS X Leopard 10.5より実装》

仮想ディスプレイみたいに、

物理的にひとつのディスプレイに、複数のディスプレイを表示できる機能だった。

ひと目で全体を見渡せ、作業効率に貢献していた。

参考:

https://ja.wikipedia.org/wiki/Spaces

参考:あの頃に戻りたい! Lion以降のMacで『Spaces』を復活させる方法

http://www.lifehacker.jp/2012/08/120802lion_spaces.html

120731-totalspaces-thumb-640x360-41393.jpg

《Mac OS X Leopard 10.5より実装》

たくさんのウインドウを 1 つずつクリックしなくても

アプリケーションに関係なく全てのウィンドウを並べて見渡し、

目的のウインドウを簡単に見つけることができる機能。

SnowLeopard-Expose02.png

参考:

https://support.apple.com/ja-jp/HT201741

 

Mac OS X Snow Leopard 10.6.xのExposéは

それまでのものから改悪されてしまっていて、
ウィンドウが画一化されてしまう仕様になってしまった。

そのため、目的のウィンドウを探しにくくなった。

後のOS X Mountain Lion 10.8.xで、一部復活を遂げる。

参考: Mac OS X 10.8 Mountain LionでMission ControlをOldExposeのように使う方法があった

http://taka8aru.blogspot.jp/2013/05/mac-os-x-108-mountain-lionmission.html

  • Finder「常に○○表示で開く」の機能不全 [目次に戻る]

《実装開始時期は不明》

ウインドウを開いた時の

「アイコン」「リスト」「カラム」「Cover flow」を固定する事ができた。

例えば、

「常にアイコン表示で開く」に設定しているウインドウを

リスト表示してそのまま閉じても、開き直した時には毎回、アイコン表示で開けるというものである。

この設定を解除していると、最後のウインドウを閉じた時の表示で次回も表示される。

1030_viewOptions_1-thumbnail2.png

参考:Mac Finderウィンドウの表示形式にカスタム設定を適用する方法

http://inforati.jp/apple/mac-tips-techniques/system-hints/how-to-set-the-custom-window-form-of-macos-finder.html

 

この機能は、

次のMac OS X Lion 10.7.xから機能不全を起こし、

設定をオンにしていても、

最後のウインドウを閉じた時の表示で次回も表示されてしまうようになってしまった。

《Mac OS X Tiger 10.4より実装》

PowerPC用のアプリケーションが動作した。

参考:

https://ja.wikipedia.org/wiki/Rosetta

 

が、

次のMac OS X Lion 10.7.x移行でも、

「VMware FUSION」や「Parallels Desktop for Mac」を使い、

「Mac OS X Snow Leopard Server」を仮想化する事で、

『Rosetta』が動きPowerPC用のアプリケーションが動作するらしい。

参考:VMware Fusion

https://www.vmware.com/jp/products/fusion

参考:Parallels Desktop for Mac

http://www.parallels.com/jp/products/desktop/

 

「Parallels Desktop for Mac」か「VirtualBox」を使えば、

ServerではないMac OS X Snow Leopard 10.6.xを仮想化する方法もあるらしい。

但し、仮想化しての使用は、

「Mac OS X Snow Leopard Server」はライセンス許可されているが、

Serverではない「Mac OS X Snow Leopard」はライセンス違反になるようなので、実践する人はそのつもりで。

参考:Snow Leopard の仮想化

http://toshihak.lolipop.jp/mac/m1770.html

参考:VirtualBoxでMacにMacを入れてみた

http://take1mg.com/2014/11/07/virtualbox-mac-in-mac/

《Public Beta (Siam)より動作》

32bitプロセッサで動く最後のMac OS Xとなってしまった。

参考:使用中のMacが32bitか64bitなのかを判別する方法

http://macruby.info/mac/mac-32bit-64bit.html

参考:『Mac OS X』の旧バージョン/システム条件の一覧

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n360989

 

<〜Mac OS X Leopard 10.5.8 までで失われた機能> [目次に戻る]

《Public Beta (Siam)よりG3以降で動作》

PowerPCで動作する最後のMac OSとなってしまった。

但し、

次のMac OS X Snow Leopard 10.6.xでは、

『Rosetta』をインストールする事で、PowerPC用のアプリケーションは動作する。

《Mac OS X Leopard 10.5より実装》

たくさんのウインドウを 1 つずつクリックしなくても、

アプリケーションに関係なく全てのウィンドウを並べて見渡し、

目的のウインドウを簡単に見つけることができる機能。

LeopardExposeWith150Apps.jpg

参考:

https://support.apple.com/ja-jp/HT201741

 

Exposé自体は、

次のMac OS X Snow Leopard 10.6.xでも残っているのだが、

ウィンドウが画一化されてしまう仕様になってしまった。

そのため、目的のウィンドウを探しにくくなった。

後のOS X Mountain Lion 10.8.xで、一部復活を遂げる。

参考: Mac OS X 10.8 Mountain LionでMission ControlをOldExposeのように使う方法があった

http://taka8aru.blogspot.jp/2013/05/mac-os-x-108-mountain-lionmission.html

《Mac OS 8.5より実装》

ローカルとネットの検索機能。

Mac OS X Tiger 10.4でDashboardやSpotlightに既に置き換えられていた。

 

<〜Mac OS X Tiger 10.4.11 までで失われた機能> [目次に戻る]

《Mac OS X 10.0(Cheetah)より実装》

Mac OS XでMac OS 9上で動作するアプリケーション(クラシックアプリケーション)を使用するために、Mac OS 9そのものをインストールして実行させるための環境だった。

(これに代わり、「Rosetta」がMac OS X Snow Leopard 10.6.8 まで搭載された)

参考:

https://ja.wikipedia.org/wiki/Classic

 

<隠し機能や裏技> [目次に戻る]

OS標準の機能とは言えず、やや特殊なものは別枠扱いとします。

詳細が知りたい方は、ググってください。

ターミナルで幾つかのコマンドを実行すると、NTFSの書き換えが可能になるらしい。

  • Mac OS X 10.6の起動ディスクに10.10以降が表示されない [目次に戻る]

10.6に備わってる起動ディスクでは、10.10以降が表示されず選択できない。

[option]キー+電源オン、のスタートアップマネージャーでは選択できる。

10.5.x以前ではどうなのか不明。情報求む!

 

<誤報や勘違いの類い> [目次に戻る]

  • El CapitanでPOPメールが使えなくなっているという情報あり。

メールの設定で解決するケースがあり、当方でもPOPメールは使えました。

  • El Capitanのメールで画像が勝手に表示されてしまう。

設定で解決します。

  • El CapitanでFirewireが使えない。

ドライバーやアプリケーションの問題のようです。アップデートで解決するケースがあるようです。

 

<あとがき> [目次に戻る]

「Yahoo!知恵袋」の「知恵ノート」終了に伴い、こちらに移設しました。

若干加筆しました。今後も必要があれば加筆していくつもりです。

この記事の元の「知恵ノート」のページは、

2017.11.28の20:20頃の時点で、

3ページの計で「572」の閲覧数を頂きました。

「1」のナイス!を頂きました。

ご覧頂きましてありがとう御座います。

他の知恵ノートも順次移設予定です。

あちらのアカウント「shirukozo」は、このブログの筆者と同一人物です。

なお、このページ記載の内容に間違いを発見しましたら、
ページ下部よりコメントを頂けると幸いです。

 

 

JUGEMテーマ:Macintosh

 


お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

Macランキング

[このブログの「selected entries」「categories」へジャンプする]

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

カウンターなど


[このブログの「selected entries」「categories」へジャンプする]


[✓]

ユグドア」(YggDore)に登録済みです。
カンパやチップを大歓迎します!
要望等も受け付けてます。
(できる範囲が狭いが)

このページへチップを贈る



DIYフリークの集い
(ウェブリング)

前へ
このサイト名欄
次へ
ランダムに飛ぶ
リンク一覧
参加を希望する
Q&A

ランダムでサイトをひとつ紹介します。



Twitterも↓やってます

お勧めソフト、サービスなど

私がよく使うショップ

  ヨドバシ.com/ヨドバシカメラ  

  モノタロウ  

  Amazon.com  

  西友-SEIYUドットコム  

イオンショップ

私も「ビッグローブ光」に乗り換えました。↓


私も「mineo」に乗り換えました。
満足度調査でトップクラスらしい。↓



私も「Norton Internet Security」使ってます。↓

シマンテックストア




楽天モーションウィジェット
A8.net版

(あなたのご利用傾向から)





利用しているアフィリエイト


機能的かも↓


「西友 SEIYUドットコム」のアフィリエイトならここ↓


記事が少なくても審査に通りました。↓

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

「住信SBIネット銀行」のアフィリエイトならここ↓

アフィリエイトのアクセストレード

誰もが知る楽天市場↓


なんでもござれのAmazon↓





試用スペース

試しに貼ってみた

↓ローテーションバナー(無作為)






ここまで試用スペース



selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM