原付は損。黄色いナンバー付けたい。

  • 2018.01.22 Monday
  • 21:21

「原動機付自転車」
これ、乗る人の免許とか技能・経験・知識、一切関係なく
原付特有の交通法規に縛られます。
法定速度だとか、
二段階右折だとか、
走行禁止だとか。

非力だからですかね?
でも、総排気量49ccも51ccも大差ないと思いませんか?
なのに、50ccを越えると
他の普通車や普通自動二輪と殆ど同じ扱いになってくるんですよね。
不思議です。

まあ、悪法だろうと理不尽だろうと、法は法です。
従うしかありませんね。
(法を変えるという発想もあるが、一朝一夕では成らない為、ここではスルーする)
さて、ではその法律を知り、要領よく立ち回るのと、
無知のまま取り締まられるのでは、貴方はどちらが良いですか?

<まえおき>

筆者は、
違法行為を推奨していません。
この記事は脱法行為を指南する内容ではなく、
あくまで「合法的」な方法論を説いているに過ぎません。


<49ccと51ccは別物>

まず、
原付や自動二輪に関わってくる法律は、
「道路交通法」と「道路運送車両法」と二つあります。
「道路交通法」については、
原付のみでも運転免許を持っていれば、よく知っていると思います。
総排気量50cc以下は「原付」で、
総排気量50ccを越えると「小型自動二輪」になってきますね。
小型自動二輪は、総排気量125cc以下ですが、
この50ccを越え125cc以下という「小型自動二輪」の運転免許が必要な車両は、
「道路運送車両法」では更に細分化されていて、
「第二種原動機付自転車」の「甲」と「乙」に分かれます。
そして、総排気量が50ccを越え90cc以下のものは、
「第二種原動機付自転車」の「甲」に該当し、
ナンバープレートは黄色になります。
よく知られている典型的な「原付」、
総排気量が50cc以下で白いナンバープレートの車両は、
「第一種原動機付自転車」に該当します。


<黄色いナンバーを取得する>

既に触れましたが、
このナンバープレートが黄色の
第二種原動機付自転車」の「甲」を運転するには、
最低限でも「小型自動二輪」の運転免許が必要になります。
では、
原付のみの運転免許しかないのに、
この「第二種原動機付自転車」の「甲」を運転するとどうなるのか?
「無免許運転」扱いになります。
取り締まりを受けると、点数も罰金も大きいですよ。
これは例外はありません。
その逆はどうなるのでしょうか?
「小型自動二輪」以上の運転免許を取得し、
「第一種原動機付自転車」を運転している場合。
原付は原付ですから、やはり特有の交通法規に縛られます。
例えば、
他の車などの流れに乗って時速30kmを越えて走っていた場合、
速度超過で取り締まりを受けます。所謂「カモ」ですね。
「小型自動二輪」以上の運転免許を取得していても関係ありません。
同様に取り締まられるのです。
ちょっと理不尽な気がしますよね。

もし、「小型自動二輪」以上の運転免許を取得しているなら
総排気量50cc以下の車両でも、黄色いナンバーを取得した方が良いです。
「第二種原動機付自転車」の「甲」ならば、
他の車などの流れに乗っていれば、
時速30kmを越えていても取り締まられません。
標識によって規制されている速度を越えている場合も同様です。
こちらの方が、圧倒的に良いですね。

では、どうすれば
「第二種原動機付自転車」の
「甲」である黄色いナンバーを取得できるのでしょうか?
実は簡単です。
役所に車両を登録するときの書類に
51cc〜90ccまでの排気量を記入すればいいのです。

「それだけ?」
と驚く方もいるでしょう。
ですが、それだけで通る自治体が多いそうです。
中には、排気量の証明が必要だと言われるケースもあるようです。
もしそう言われたら
「じゃあ、バイク屋に相談して出直してきます」と言えば怪しまれやしません。
では、バイク屋さんに頼めば、証明できる書類を作ってくれるのでしょうか?
本当に必要であれば、ボアアップをすれば書類を作ってくれます。
(ストロークアップという方法もあるが更に高くつく)
ですが、大抵のバイク屋さんは、
ボアアップをしなくても書類を作ってくれます。勿論、手数料は取られますが。
ご自身で取り付けをやる場合は、
ボアアップのキットを購入した領収書を持って行けば通る場合もあるようです。

費用は、一概には言えませんが、
安ければ二千円くらいでしょうか。
ボアアップを実際にするとしても、総額でも精々三万円くらいでしょう。
取り締まりを何度か受ける事と秤に掛ければ、
決して損な金額ではありませんね。
最初から「第二種原動機付自転車」を購入すればもっと簡単な話なのですが、
「小型自動二輪」以上の運転免許を取得していながら
「第一種原動機付自転車」に乗っている人は、
当座がそれしかないからでしょう。
車両自体を買い換える事を考えれば、ずっと安上がりです。


<違法ではないのか?>

総排気量50ccを越える車両を、
原付のみの運転免許で運転する事は明らかに違法で す。
取り締まりも受けますし、罰金も課せられるでしょう。
ですが、
総排気量50cc以下の車両を、
「第二種原動機付自転車」の
「甲」として登録する事自体を直接取り締まる法律は無いようです。
毎年払う税金が若干高くはなりますが、
それをちゃんと納めていれば全く問題にされないでしょう。
敢えて厳密に法律を解釈しようとするなら、
私文書偽造・同行使罪(3月以上5年以下の懲役)が
成立する可能性があるそうです。
公正証書原本不実記載罪(5年以下の懲役または50万円以下の罰金)に
該当することも考えられるようですが、
果たして、本当にこれで訴えられる事があるのでしょうか?
恐らく無いでしょう。
どうしても心配なら、実際にボアアップをすればいいだけの事です。
そうすれば、厳密に解釈しても非の打ち所がありません。
心配しながら運転するより、精神衛生上とても良いでしょうし。

バイク屋さんに「黄色いナンバーを取得して欲しい」と依頼すればいいのです。
そのバイク屋さんがどうするかは、貴方に罪を問われません。
手数料払ってやってもらうのが安心でしょう。
或いは、パーツ屋さんに相談してみてください。
実際、
私もバイク屋さんにやってもらった経験がありますが、
格安で快諾してすぐやってくれましたよ。
中には、やってくれないばかりか、
説教を始めるお門違いなバイク屋さんもあるそうですが、
そんなところにお金を使う必要はありません。
バイク屋さんとパーツ屋さんが行動圏内に
1軒しかないという不憫な環境にある方も滅多にないでしょう。
他所のショップを当たりましょう。


<レアケース>

実際に起こった事件として、
総排気量50cc以下の原付に黄色いナンバーを付けて運転していた人が、
取り締まりを受けた際、原付のみの運転免許しか取得しておらず、
「無免許運転」として検挙されたが、
その後の裁判で無罪となったケースがあります。
恐らく、この運転していた人は、
「総排気量50cc以下の車両だから無免許運転にならない」と
反抗したのでしょう。
そうでもなければ、わざわざ裁判になんてなりません。
原付のみの運転免許で、
黄色いナンバー付けた車両を運転していたから問題になったのです。
ちゃんと、「小型自動二輪」以上の運転免許を取得していれば
問題にはなりませんよね。
でも、
その運転していた人はわざわざ反抗したのです。
その結果、
私文書偽造・同行使罪や公正証書原本不実記載罪を
問われる立場となったのです。


 

JUGEMテーマ:裏話

 


お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人 気ブログランキング

ライフハックランキング

[このブログの 「selected entries」「categories」へジャンプする]

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

カウンターなど


[このブログの「selected entries」「categories」へジャンプする]


[✓]

ユグドア」(YggDore)に登録済みです。
カンパやチップを大歓迎します!
要望等も受け付けてます。
(できる範囲が狭いが)

このページへチップを贈る



DIYフリークの集い
(ウェブリング)

前へ
このサイト名欄
次へ
ランダムに飛ぶ
リンク一覧
参加を希望する
Q&A

ランダムでサイトをひとつ紹介します。



Twitterも↓やってます

お勧めソフト、サービスなど

私がよく使うショップ

  ヨドバシ.com/ヨドバシカメラ  

  モノタロウ  

  Amazon.com  

  西友-SEIYUドットコム  

イオンショップ

私も「ビッグローブ光」に乗り換えました。↓


私も「mineo」に乗り換えました。
満足度調査でトップクラスらしい。↓



私も「Norton Internet Security」使ってます。↓

シマンテックストア




楽天モーションウィジェット
A8.net版

(あなたのご利用傾向から)





利用しているアフィリエイト


機能的かも↓


「西友 SEIYUドットコム」のアフィリエイトならここ↓


記事が少なくても審査に通りました。↓

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

「住信SBIネット銀行」のアフィリエイトならここ↓

アフィリエイトのアクセストレード

誰もが知る楽天市場↓


なんでもござれのAmazon↓





試用スペース

試しに貼ってみた

↓ローテーションバナー(無作為)






ここまで試用スペース



selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM