ブラックでも持てるカード◆2017.09.24加筆

  • 2017.09.23 Saturday
  • 12:37

『VISAデビット』

『JCBデビット』

『Masterプリペイド』

などの類いがあります。

 

所謂『ブラックリスト』に入ってしまった方、

借金滞納や破産など、事情は様々でしょうけどクレジットカードが使えなくて困っている人もいる筈。

ネット上での決済や、年齢認証などにクレジットカードが必要な場面がありますよね。

そういう時に、クレジットカードの代わりになる物が、上記の類いです。

『VISAデビット』は、VISAカードが使える殆どの場所で使えます。

『JCBデビット』は、JCBカードが使える殆どの場所で使えます。

『Masterプリペイド』は、Masterカードが使える殆どの場所で使えます。

これらのカードは基本的に、信用審査がありませんから

過去に所謂「事故」があって『ブラックリスト』に入ってしまっている人でも作れます。

 

一部、カード会社系でもデビットカードは使えません。と明記されている場合がありますが、試しに使ってみると以外と使えたりするものです。

また、以前は使えなくても、段々と各社が対応して来ているのが実状です。

実際、

『住信SBIネット銀行』のVISAデビット、

『ジャパンネット銀行』のVISAデビット、

『スルガ銀行』のVISAデビット、

『auWALLET』のMasterプリペイド、などで

携帯電話会社や固定電話の料金、

ガスや電気の料金、などの毎月定期的に請求があるものも使えている組み合わせもありますし、

ネットスーパーやレンタルサーバーなどでもそれらが使えています。

 

私も実は昔、

過払い金の還付を一度やった事があって、クレジットカードの類いが使えなくなった事がありました。

半ば諦めていたのですが、そんな折、

当時はまだ珍しかった『VISAデビット』カードを発行していた「スルガ銀行」に口座を開設しました。

東京都在住の私が、静岡県の地方銀行に口座を持つなど考えられない事でした。

あの当時、他に『VISAデビット』カードを日本でやっていたところは他になかったと思います。

居住地が離れていましたが、そんな事も当時は怪訝される事もなく無事にカードを取得できました。

御陰様で、色々とネットで済ませられるようにもなりましたし、それまで使えなかった物が使えるようになり、とても重宝して有り難がった事を覚えています。

 

現在では、そんな「スルガ銀行」の成功に追従する企業も増え、幾つかの選択肢があるようになりました。

私も、幾つか作って使い分けています。

 

クレジットカードと違い、借金ができるわけでは無いので

現金主義の人達の間にも緩やかに浸透して行っているようです。

まだ、一枚も持っていないという方は、この機会に一枚作ってみては如何でしょうか。便利ですよ。

 

 

JUGEMテーマ:カード決済

 


 

<プリペイドの類いが作れるところ>







 

<デビットの類いが作れるところ>





スルガ銀行ANA支店



お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

[このブログの「selected entries」「categories」へジャンプする]

現金主義は損する時代になりました◆2017.09.24加筆

  • 2017.09.24 Sunday
  • 17:39

何の事かと言うと、「ポイント」「キャッシュバック」です。

今では、VISAデビットやMasterプリペイド、クレジットカードなどを使うと、

「ポイント」が付いたり「キャッシュバック」が貰えるようになりました。

 

現金主義だとこれらが貰えないわけです。

例えば、

10,000円の商品を購入する時に、

現金で購入すると10,000円払って商品しか手に入りませんが、

1%のポイントが付くカードで購入すると100円分のポイントが貰えるわけです。

 

ただ、注意しないといけないのは、カードによっては

会費や手数料が掛かる事があるので、それらを見分けて賢く使いましょう。

 

 

さて、

この「ポイント」や「キャッシュバック」の原資はどこから出て来ているのでしょうか?

カード会社は、ショップと消費者の間に入って料金の回収を行うわけですが、

そのシステムを提供しているのと、ブランドマークの付加価値という事で、

ショップから手数料や会費などを受け取っています。

これで利益が出るビジネスモデルなのです。

(もっと正確には、後払い消費者の信用調査・保証などを行っている)

 

この利益から、諸々の経営コストを捻出するわけです。

つまり、消費者にプレゼントする「ポイント」や「キャッシバック」も

この利益から捻出されているということです。

ショップは、商品代金を受け取るわけですが、

カード会社に支払う経費は販売代金の利益から賄う事になります。

従って、回り巡って消費者が払っている事になるわけです。

こういう構図ですね。

つまり、厳密には、「ポイント」や「キャッシバック」は、

「貰って得をする」のではなく、

「貰わないと損をする」という類いのものになります。

 

これで今回のお題目が「現金主義は損する時代になりました」という事なのです。

損をしないように、「VISAデビット」「Masterプリペイド」などを一枚くらい作っておきましょう。

 

 

JUGEMテーマ:カード決済

 

 


 

<プリペイドの類いが作れるところ>







 

<デビットの類いが作れるところ>





スルガ銀行ANA支店



お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

生活・文化ランキング

[このブログの「selected entries」「categories」へジャンプする]

どのカードが一番おトクか?(デビット、プリペイド)

  • 2017.09.25 Monday
  • 18:45

それはとても気になるところだと思います。

幾つか調べてデータを並べてみました。

(クレジットカードは除きます)

似たような「まとめ情報ページ」は他にも散見されますが、

情報が古く更新されていないものもあります。

また、各社ともサービス内容を変更する可能性がありますから、

最終的にはご自身で間違いないか確認して下さい。

下記の表には掲載されていないような、個性豊かなキャンペーンも各社が提供していますので、それらも考慮に入れてご自身が一番おトクだと感じられるものを見つけて下さい。

 

<主にポイント・キャッシュバックに注目した順>

名称・呼称 維持費・経費 ポイント・キャッシュバック 備考

楽天銀行パンダデビットカード

(JCB)

永年無料 約1.0%ポイント

支払100円ごとに1ポイント
※決済毎に計算、月合計ではない

楽天銀行デビットカード

(JCB)

楽天銀行プリペイドカード
(JCB)
永年無料 最大1.0%
チャージ5,000円以上でポイント付与
(50,000円以上で最大ポイント)

住信SBIネット銀行

Visaデビット

無料 約1.0%ポイント

<キャンペーン>

2017年4月〜9月のプレミアムフライデーから3日間の金・土・日曜日

約0.6%ポイント

月締め1,000円ごとに6ポイント付与

500ポイント以上100ポイント単位で、1ポイント=1円に交換できます。

au WALLETプリペイド
(MasterCard)
無料 5.0% じぶん銀行口座開設月から翌月末迄
じぶん銀行からチャージ最大50,000円
約0.5%

利用額200円(税込)毎に1ポイント

楽天銀行ゴールドデビットカード
(Visa)
3,086円(税込)/年 約0.5% 支払1,000円ごとに5ポイント
※決済毎に計算、月合計ではない

ちょっと情報量としてはショボ過ぎるのが現状ですが、

Googleドライブの共有フォルダに

[決済の特典など]

という書きかけの一覧表があるので、

興味がある方はそちらも見てやって下さい。

 

これと似たような「まとめ情報ページ」は他にも散見されます。

見栄えが良くても情報が古く更新されていないものもあります。

記載の訂正を求めようにも連絡先がわからず、コメント欄すらないサイトもあり、

記載されている内容を鵜呑みにするのは間違いの元です。

 

また、各社ともサービス内容を変更する可能性がありますから、

最終的にはご自身で間違いないか確認して下さい。

なお、当ページに記載の内容に関しましては、

抜けている情報の提供、間違いのご指摘など歓迎致しますのでコメントください。

 

 

JUGEMテーマ:カード決済

 


お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

生活・文化ランキング

[このブログの「selected entries」「categories」へジャンプする]

金を返さないで「放っておけばいい」という企業◆2018.03.18加筆

  • 2018.02.05 Monday
  • 23:46

今回は臆せず、名指ししましょう。
イオン」と「Apple」です。
金返せ。このやろう。です。
(「Apple」は嘘つきです)
こういうタチの悪い企業に遭遇する事があるようです。
何の事かというと、
クレジットカードやデビットカードの類を使ったときの話です。

え?
金返さないのは、一部の消費者の話じゃないの?
と思った読者の方が殆どでしょう。
そういう人達もいますが、今回の話題は、その角度の話ではありません。

ショップがやるべき手順をきちんとやらないで、
「放っておけばいい」という怠慢な意識で居るために、
カードの与信枠の一部が凍結されてしまい、
その額だけ使えなくなってしまう事態の話です。

もう少し、具体的に話しましょう。
例えば、あるショップで、カードを利用して、買い物をしたとします。
何かの都合で、キャンセル、若しくは請求額が変わったとします。
(消費者の都合とは限りません、ショップ側の落ち度の場合もあります)

すると、
キャンセルになる筈の部分が、「未確定」のまま放置されたり、
二重請求のまま、最初の金額が「未確定」のまま放置されたりする事が
あります。
こういう経験を持つ人は少なくないのではないでしょうか。

カード会社にもよりますが、某S銀行のVISAデビットの場合、
その「未確定」のまま、ショップ側から確定の送信がないと、
「45日」でタイムアップとなり
自動的に消費者の口座に戻されるのだそうです。

そこで、ショップは
「承認していないから引落しになっていません」とか、
「キャンセル処理しましたから返金されています」と平気で言いきります。
消費者の口座を覗いたわけでもないのに。
なぜ、言い切るのか。
担当者はショップ自身の口座を見て言っているからです。
ショップ自身の口座に入金が無い、だから
「消費者の口座からは引き落とされていない」と思い込むのです。
ショップ自身の口座に入金が無い、だから
「消費者の口座に戻っている」と思い込むのです。
実際には、そのキャンセルの処理の送信をしていないので、
カード会社は「未確定」としてどちらの口座にも入金せず、
「承認待ち」という状態になってしまっているのです。
 

では、本来ならばどうするべきなのか

ショップは、
キャンセルの処理をする(ショップ内の手続き)だけではなく、
そのキャンセルの
オーソリゼーションをカード会社に送信
しなくてはならないのです。
(某S銀行の場合。他のカード会社の場合は用語が違う可能性有り)
イオンは、
自分たちの請求はすぐにオーソリゼーションを送信するくせに、
キャンセルのオーソリゼーションの送信はしないのです。
そう。
「このキャンセルは間違いありませんから、利用者に返金して下さい」
という承認をカード会社に、ショップが送信しないといけないのです。

これが無いため、
「未確定」で保留されてしまった金額は、
どちらの口座にも入らず宙に浮いたままの状態になってしまうのです。
そして、そのまま45日経過すると自動的にキャンセルの確定となり、
消費者側の口座に戻されるというわけです。

これらの流れを誤解したショップは、
「処理に何日か掛かる事があるようです」とかと平気で言います。
自分たちが無知なのを棚に上げているのか、
消費者を馬鹿にしてるのか。

つまり、
「放っておけばいい」という怠慢な意識で居るので、
自分達の「手落ち」である事に気付いていないのです。
消費者側も、最終的には
正しい金額が戻ってくれば、そのまま納得してしまう人も多く、
この勘違い状態のショップは、なかなか直りません。

ちなみに、ちゃんとこれを理解し、やるべき送信をやっていれば、
45日ではなく、即日反映されます
やってるショップはちゃんとやっているのです。
つまり、
全く消費者側には責任がないのに、不当にその資産の一部を凍結し、
更に、間違った情報を与え、
本来使える資産を使えなくするという行為なのですから、
「詐欺」とまでは言わなくとも「不当行為」になります。
不当行為によって損害を被ったのですから、
消費者には訴える権利があります。
という、拗れた話にもなりかねません。
(とは言え、訴えても取れるのは法定利息年14.6%→45日で1.8%が精一杯でしょう)
どうか、ショップの担当の方々には、今一度、
自身の仕事が正しいのかよく考え直して頂きたいものです。
ショップの信用の問題ですから。
消費者が同じ事やったら信用が落ちて、
カードが使えなくなったりするのです。
ショップ側は、
もっと緊迫感を持って仕事を「学んで」欲しいものです。

なお、
私の経験上、ショップのサポート窓口などに問い合わせると、
まず最初に上記のような勘違いの回答が帰って来ます。
つまり、電話番担当者もこういう事を知らないのです。
そして、カード決済処理担当者の間違った回答を
そのまま消費者に伝えてしまうのが現状です。
何度も、無駄な問答を繰り返し、
「そのキャンセルの『オーソリゼーションをカード会社に送信』して下さい」
と強く主張してやると、
返答までに時間は掛かりますが、
大抵が即日。遅くとも翌営業日には反映されます。
この返答までに掛かる時間は、「処理に掛かる時間」などではなく、
無知な担当者や上司が、
正しい手順を「学び直す」のに掛かる時間です。
自社内だけで確認して返答しているショップが
間違っているのであって、
「利用者がこう言っているのだがどういう事なのか説明して欲しい」と
カード会社に問い合わせるべきでしょう。

消費者は全く悪くありません。
某S銀行曰く「そういう処理手順になっています」という事です。
つまり、キャンセルは即日反映できるようになっているのです。
にも関わらず「何日か掛かる事がある」などというショップは
信用なりません。

なお、
全てのカード会社、全ての銀行でそうなっているかは解りませんので、
気になった方は、ご自身の使っている各所に問い合わせて下さい。
或は、
既に「よくある質問」としてサイトに挙っている可能性もあります。
 

その後

イオンに関しては、話が通じないので、
カード会社と銀行に問い合わせたところ、
その翌日には反映されました。
つまり、「キャンセルのオーソリゼーションを送信」したのでしょう。
銀行側からイオンに催促してくれたようです。
ただし、イオン側からは何の謝罪も説明もなく放置されたままです。

Appleに関しては、
たまたま出た銀行の電話口の方が、そうだったのかもしれませんが
「当行側からApple猴有瓩砲修里茲Δ平修稽てをする事はできません」
との一点張りでした。
猴有瓩任垢。(− −#
明らかに、
イオンの時の銀行員とは対応が違いましたね。
仕方ないので、「消費生活センター」(国民生活センター)に
相談しました。
すると、消費生活センターの担当の方が、
Appleに問い詰めてくれました。

どちらにせよ、他所のショップはできる事が、
「私どもにはできません」と言いきっているのですから
決済のIT化に遅れている事は間違いありません。
天下のAppleが設備投資をケチるなよ。と言いたいわけです。
実際には、Apple側の設備が対応できていないのではなく、
人間が対応能力の欠如を起こしているだけだと思いますがね。

更にその後

イオンは、
わざわざこんな表示するようになりました。

そんなに嫌なのかね。
「キャンセルのオーソリゼーションを送信する」のが。
だったら、即座に二重請求なんかしないで、
45日待ってから請求すればいいじゃん。
「おおよそ、45日〜60日後のご請求となります。」にしたら?

Appleは、
「消費生活センター」の方が食い下がってくれたようなのですが、
「私どもでは、このような仕組みで対応しております」
の一点張りで、話が通じなかったそうです。
「消費者の不利益になっているのですが」と言っても、
同じような返答しかしなかったそうです。
数回の電話と、
二度の簡易書留による社長宛の手紙、
消費生活センターへの相談、
法テラスへの相談、
マスコミ数社への調査依頼、
都知事への直訴、
ティム・クック氏のTwitterアカウントに拙い英文で直訴、
と、かなり苦戦しましたが、
向こうから『謝罪』の電話が掛かってきて、
狷知秡蔀岫瓩箸い事で
「キャンセルのオーソリゼーションを送信」してくれたそうですが、
これが真っ赤な「嘘」で、すっかり騙されました。
時間稼ぎをしているに過ぎず、
隙あらば逆にユーザを訴えてやろうという姿勢だったのです。
実に腹立たしい限りです。

他にも、
この「オーソリゼーションの送信」をしてくれない企業があったら
教えて下さい。
名前列挙したるわ。

送信してくれない遅れた企業 備考
イオンネットスーパー 「キャンセル処理しました」の一点張り
(実際には自社内の処理しかしておらず、送信していない)
Apple 交渉の末、狷知秡蔀岫瓩箸靴徳信したと返答があったが、真っ赤な「嘘」
結局、45日間「未確定」のまま猜置瓩気譴討い


腹立つから、取り敢えずライバルの広告貼ってやろ。

送信してくれる良心的な企業 備考
西友-SEIYUドットコム キャンセル操作すると同時にオーソライゼーションを飛ばすようになっている
イトーヨーカドーネットスーパー キャンセルした時にオーソリゼーションを送信している
ダイエーネットスーパー 送信される
ヨドバシ.com 申告があればカード会社へ要請する
ビックカメラ.com キャンセルを受け、情報は翌日に決済代行会社を通じてカード加盟店に送信している
Amazon.co.jp 催促に応じて調査後、送信する
Yahoo!ショッピング キャンセル処理に連動してオーソリ処理が実施される
カメラのキタムラ ネットショップ 遅くとも翌日にはカード会社にデータを送信している
モノタロウ キャンセル時にはオーソリゼーションを送信している
Microsoft Store カード会社にキャンセルの手続きをする
HP Directplus -HP公式オンラインストア- カード会社にキャンセルの手続きをする
デルオンラインストア カード会社にキャンセルを即時通達する
ASUS Shop ショップ内の処理と伴にカード管理会社へ送信する
Acer Direct 楽天市場店 変更等が発生した場合のみだが、送信する
富士通ショッピングサイトWEB MART キャンセルを受け付けるとカード会社に情報を送信する
NEC Direct キャンセル受付の翌日にカード会社に送信する
Panasonic Store キャンセルの際にはオーソリの送信をしている
東芝ダイレクト キャンセルを承った際にオーソリ対象情報を決済会社に送信している
パソコン工房 キャンセルを受け付けた段階でカード会社にキャンセルのデータを送信する
TSUKUMO ネットショップ システム連携により処理される

良心的な企業のが多いわな、当然。日本国内では。


JUGEMテーマ:経営戦略

 


お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

Macランキング

iPhoneランキング

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

[このブログの 「selected entries」「categories」へジャンプする]

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

カウンターなど


[このブログの「selected entries」「categories」へジャンプする]


[✓]

ユグドア」(YggDore)に登録済みです。
カンパやチップを大歓迎します!
要望等も受け付けてます。
(できる範囲が狭いが)

このページへチップを贈る



DIYフリークの集い
(ウェブリング)

前へ
このサイト名欄
次へ
ランダムに飛ぶ
リンク一覧
参加を希望する
Q&A

ランダムでサイトをひとつ紹介します。



Twitterも↓やってます

お勧めソフト、サービスなど

私がよく使うショップ

  ヨドバシ.com/ヨドバシカメラ  

  モノタロウ  

  Amazon.com  

  西友-SEIYUドットコム  

イオンショップ

私も「ビッグローブ光」に乗り換えました。↓


私も「mineo」に乗り換えました。
満足度調査でトップクラスらしい。↓



私も「Norton Internet Security」使ってます。↓

シマンテックストア




楽天モーションウィジェット
A8.net版

(あなたのご利用傾向から)





利用しているアフィリエイト


機能的かも↓


「西友 SEIYUドットコム」のアフィリエイトならここ↓


記事が少なくても審査に通りました。↓

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

「住信SBIネット銀行」のアフィリエイトならここ↓

アフィリエイトのアクセストレード

誰もが知る楽天市場↓


なんでもござれのAmazon↓





試用スペース

試しに貼ってみた

↓ローテーションバナー(無作為)






ここまで試用スペース



selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM