【自作】歪んだスタッキングトレーの再生と補強<準備編>

  • 2017.09.17 Sunday
  • 21:13

スタッキングトレー、積み重ねられて便利なんだけど

安物を使っていると、すぐ歪みますよね。

スタッキングトレー/歪んでるこんな風に。

 

今回は、これを再生して

また歪まないように補強してみました。

各段のトレーの間に板を入れてズレないように加工するだけです。

上の画像では、下から一段目と二段目の間に板が入っているのが解るでしょうか。

これを各段に入れるわけです。

【自作】というほど大袈裟ではありませんが、一応DIY「Do It Yourself」かな。

 

 

では、準備から。

 

<準備>

材料を揃える前に、寸法を測ります。

スタッキングトレーに挟む板は、幅260×奥行き330mmで丁度良い感じ。

 

今回のスタッキングトレーにはズレ防止の「爪」と「穴」が四角く付いています。

切り出した板にも、この爪と穴に丁度合うように、穴と爪を付けたいです。

「穴」の方はドリルか錐で空けるとしましょう。

「爪」の方は、全く同じ様に四角の突起を付けるのは難しいので、短いネジの頭を上手く使って突起にすることにしましょう。

 

ズレ防止の「爪」と「穴」を測るのは定規やスケールでもいいですが、

もっと便利な道具もあります。「ノギス」です。

今回は「ノギス」を使って、爪の径と穴の径を測りました。

 

まずは「爪」から。

今回のこのスタッキングトレーの場合、約5.9mmですね。

爪が四角いのですが、板に開ける穴は丸い方が空け易いため、一番長い斜めの対角線上を測ります。

こういうイメージです。

白線の四角が既存の「爪」で、青線の丸が開ける穴の最低限の大きさです。

若干余裕があった方がいいので、直径6.0mmの穴を空けましょう。

 

次に、既存の「穴」の寸法を測ります。

約4.5mmですね。

こちらは先ほどと逆のイメージで、穴に入れる爪は

ネジの頭ですから丸いので、こういうイメージになります。

青線の四角が既存の穴で、白線の丸がネジの頭です。

 

シンワ測定 19514 [プラノギス ポッケ 70mm]

価格:400円
(2017/9/17 20:51時点)
感想(0件)

私が上記で使っているノギスは「シンワ」というメーカーの品番「19514」で、プラスチック製の簡易タイプのノギスで、安価なものになります。

これから購入するという人は、気を付けて欲しいのが

ノギスの「部品」だけも売っているので「アッ安い!」と思って飛びついたら、ノギス本体じゃなかった。というオチです。

それと、「ホビーノギス」と呼ばれる超安価な物が百円ショップなどでも売っていますが、これは誤差が大きくて、1〜2mmくらいの誤差は平気で出ますから、大雑把な寸法を測る時しか使えません。

今回のように、0.5mm前後の精度が欲しい場合、上記の例に出しているプラスチック製のものでも怪しいので、ステンレス製の精度の高い物が必要になります。

ただ、今回は例を出すために。それと、5.9mm、4.5mm、といっても大雑把でよかったので、プラスチック製のものを使用しました。(ステンレス製のちゃんとしたものも持っている)

 

材料:

今回は、MDF材と呼ばれる安いボードを使用しました。

それと、小さいネジ。

スタッキングトレー/材料

数量は必要なだけ。

サイズは必要なものを。

 

今回の私の場合、

MDF材は追加で三枚(前回既に一枚入れている)。

サイズはちゃんと測って元のスタッキングトレーに合わせて

260×330mmを切り出すので、300×400×6mmのものをダイソーにて購入。

小さいネジはスタックした時にズレを防ぐ「爪」代わりにします。

元のスタッキングトレーの「穴」を測って

そこに入るようにネジの頭が直径4.5mm以下で、

MDF材の厚み6mmより長さの短い物を探しました。

数量は一段当たり4本要るので、計16本要ります(前回入れている板に爪をまだ付けていない)。

こういう時に頼りになるのが寸法と図面が載っている「モノタロウ」です。

https://www.monotaro.com/p/4171/3567/

上記URLにて、ネジの頭の直径4.0mm、長さ6mmのものが見つかりました。

同じ物が個人向けサイトにも売っています。

(+)丸皿タッピンねじ 1種A形 (ステンレス)(パック品) 大阪魂 2×6

今回は、ネジ頭の形状は「丸皿」と呼ばれるものをチョイス。

これは鍋頭と皿頭の中間みたいな形状で、頭の出っ張りのカーブが緩やかなものです。

好みよって使い分けたらよいかと思いますが、

今回はこの形状がスタックした時に最もフィット感がよいと考えました。

錆びるのを嫌って、材質はステンレスをチョイス。

 

道具:

最低限必要な物は以下の通り。

  • 赤鉛筆 (MDF材に寸法を付ける)、
  • スケール (寸法を測る)
  • 定規 (寸法の直線を引く)
  • 鋸 (寸法に合わせて切る)
  • ドリルか錐 (穴を開ける)
  • ドライバー (言わずもがな)

あった方が便利な物は、

  • 硬質の赤鉛筆 (普通の赤鉛筆より芯が堅くて欠け辛いので細い線を書き易い)
  • ノギス (既に上記に使用例を載せた)
  • 曲尺 (直角に線を引ける、読み方は「かねじゃく」、別名「差し金」とも呼ぶ)
  • 電動丸鋸と丸鋸ガイド (素人でも真っすぐ正確に切り易い)
  • 電動ドリル (言わずもがな)
  • はけ塗りシール剥がし (MDF材に貼られているラベルを剥がした跡を取る)
  • キッチンペーパーか不織布 (ラベルを剥がした跡を拭き取る)
  • 研磨紙 (MDF材の切断面を均す、面取り)
  • 刷毛 (切りカス削りカスなどを払う)
  • 掃除機と卓上クリーナーかハンドクリーナー (作業後の掃除に、途中でも)

「曲尺」とはL字状の定規みたいなものです。

サイズは大きい方が使い易いんですけど、高くなるので30cmの物でも今回はいいかな。

 

「電動丸鋸」はイメージ湧くとおもいますけど、

それを使う時真っすぐ切るための「丸鋸ガイド」という便利な物があります。

これもサイズは大きい方が使い易いです。

 

「はけ塗りシール剥がし」という物は、あまり馴染みがないかもしれませんがあると便利です。

LOCTITE(ロックタイト) ハケ塗りシール剥がし 200ml DSH-20H

価格:1,010円
(2017/9/16 12:45時点)
感想(1件)

LOCTITE(ロックタイト) ハケ塗りシール剥がし 500ml DSH-50R

価格:1,683円
(2017/9/16 12:44時点)
感想(0件)

詰め替え用もあります。

下地を傷めにくいものと、強力なものと種類がありますので、状況によって使い分けると更に便利です。

 

あとは、紹介無くてもイメージ湧く物ばかりだと思います。

 

準備編は以上です。

次回予告[【自作】歪んだスタッキングトレーの再生と補強<工程編>]

 

 

JUGEMテーマ:DIY&工具

 


お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

手作り・DIYランキング

[このブログの「selected entries」「categories」へジャンプする]

【自作】歪んだスタッキングトレーの再生と補強<工程編>

  • 2017.09.18 Monday
  • 12:35

前回の続きで工程編になります。

 

<工程編>

板の切出しをしますが

まず最初にやらなくてはならない事があります。

それは、MDF材に貼られているラベルを剥がして後処理する事です。

これを怠ると、あとで汚くなって苦労します。

まずは、なるべく破かないように丁寧に剥がします。

でも、ベタベタが僅かに残る事がよくあります。

写真では解り辛いですね。

(^_^;)ゞ

この残ったベタベタを取り除くのですが、今回はLOCTITEの「ハケ塗りシール剥がし」を使いました。

LOCTITE(ロックタイト) ハケ塗りシール剥がし 200ml DSH-20H

価格:1,010円
(2017/9/17 22:10時点)
感想(1件)

LOCTITE(ロックタイト) ハケ塗りシール剥がし 500ml DSH-50R

価格:1,683円
(2017/9/17 22:10時点)
感想(0件)

これを直接使わずに、

キッチンペーパーや不織布などに軽く塗って湿らせたもので擦ってやります。

直接塗ると、MDF材に染み込んでしまい跡が残り易くなってしまいます。

強く擦り過ぎてもいけません。

程よい力で、どちらかというと「撫でる」ように「何度も」擦ってやります。

僅かに湿って色が変わってます。

が、この程度ならすぐに乾いて見えなくなります。

ベタベタが取れたら次に進みましょう。

 

MDF材に寸法通りに線を引いて、鋸で切断します。

切断面は、研磨紙(#240〜400程度をお好みで)で

磨いて滑らかにしておいた方が仕上がりが奇麗になりますが、

細かい事を気にしないのであれば端折ってもよいでしょう。

面取りも同様です。

 

次に、スタックの際の「爪」が入る穴を空けます。

元のスタッキングトレーの「爪」の位置の寸法をなるべく正確に測って、

先ほど切り出したMDF材に、空ける予定の「穴」の中心の印を付けます。

私は0.5mm単位の精度でで測って印をつけました。

中心点が出たらドリルか錐で穴を空けましょう。

裏まで突き抜けてもいいのですが、今回の私は突き抜けずに

厚さ6mmのMDF材に対し、深さ2.5〜3mm程度の穴にしました。

穴を空けるとき、突き抜けないつもりでも

失敗して突き抜けてしまう事を予測して、

上の写真のように下に当て木をしてやった方が無難です。

開けた穴の「バリ」は、研磨紙(#400程度)を使って取っておきましょう。

このバリ取りは端折ると

スタックした時に隙間や傾きができる要因になりますから、是非やっておきましょう。

指で穴に研磨紙を捩じ込むような要領で軽く擦ると上手く余分な面を削らずにできると思います。

研磨紙がなければ、カッターの刃などを垂直に当てて横に動かすように擦る方法もあります。

大抵のスタッキングトレーは、一枚当り四つの爪と穴があると思いますから、それに応じた必要な数を空けます。

 

その次に、

「爪」を付けるわけですが、

上記の「穴」を空けるより先にこっちの「爪」を付けてしまうと

穴空け作業がやり辛くなってしまいますので、順番はこちらを後にします。

これも元のスタッキングトレー側の「穴」の位置を測り、

ネジの頭を収めたい中心位置を出します。

必要な数の中心点を印付けたら、

ネジを付けるわけですが、このとき

ネジを一杯まで絞めこんでしまわずに、頭を0.5〜1mm程度浮かせておくと「爪」として機能します。

イメージとしてはこんな感じです。下記画像は断面図です。

茶色はMDF材、長さ6mmのネジを絞めて、頭を0.5mm浮かせるイメージです。

 

出来上がったのがこちら。

「穴」を空けた表側

と、

「爪」を付けた裏側

必要な枚数が出来上がったら、いよいよスタックします。

 

この時、元々上に積んでいた方が歪みが大きく、下の方が歪みが少なかったと思いますので、

これを上下逆順に入れ替えます。

歪みの癖が大きく付いているものを下にしてやります。

最上段は、歪みの癖が最も小さいものにします。

すると、上から重量が掛かるので、特別何もしなくても歪みが矯正されます。

 

<完成>

歪みの矯正ができ、再生・補強ができました。

板が一枚足りないのは、途中で他の用途に使ってしまったため。( ̄◇ ̄;)

また買って来ないと。Let's ダイソー!ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

 

 

JUGEMテーマ:DIY

 


お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

手作り・DIYランキング

[このブログの「selected entries」「categories」へジャンプする]

即席で小棚を作ってしまえ!

  • 2017.10.10 Tuesday
  • 18:00

今回は、即席で小棚を作ります。

先に種明かし(?)をしてしまうと、

「段ボール箱をそのまま小棚代わりにしてしまえぃ」というノリなのですけど、

段ボール箱を小棚代わりにすると、壁面はそれなりの強度があるんですけど、天板が弱いのですよ。

図で説明するとこういう感じ。

Before

          ↓

After

このように、天板が重量に負けてたわんでしまい、

それに引っ張られて壁面はやや内側に傾斜してしまう。という事です。

なので、

この天板だけ補強します。

と言っても、段ボールを何枚も重ねて貼り合わせるのは手間が結構掛かるため、

MDF材を使います。

と言っても、寸法を合わせて切ったら、上に重ねるだけ。

 

施工前の実際の段ボール箱はこんな感じ。

要は、この段ボール箱の上に、ある程度の重量物を載せても潰れないようにしたいわけです。

では、今回の材料の紹介です。

MDF材 by ダイソー。今回の主役です。サイズは300×400×6mmを使用しました。単価¥108(税込)也。

ついでに先日、材料不足で放置していたスタッキングトレーのもう一段も切って作ってしまいましょう。

 

まずは、MDF材のステッカーを破けないように丁寧に剥がし、

残ったベタベタを奇麗に拭き取ります。

ハケ塗りステッカー剥がし剤にいつものように活躍してもらいます。

キッチンペーパー不織布に軽く塗って、

MDF材のベタベタを擦ってやります。

が、強く擦るとかえって繊維の間に押し込んでしまいますので、

強過ぎず弱過ぎずの力加減で何回も撫でてやります。

ベタベタが取れました。

で次に、段ボール箱の天板を採寸します。

(つか、本来は材料を買いそろえる前にきちんと採寸する)

270mmの…、、、ん?…Σ(◉◇◉∪)汗 405mm。

幅は270mmなので足りますが、奥行きが405mmだとっ?!

まあ、奥行きは5mmくらい寸足らずでも大丈夫でしょう。

幅は足りないと潰れます。

というわけで、気を取り直して、MDF材に寸法を引きます。

今回の切出しと、以前のスタッキングトレー用の板は当然寸法が違います。

寸法付けは、赤鉛筆と直尺にスケール、それに曲尺(差し金とも呼ぶ)があると便利ですね。

それでは、頼りになる道具達の紹介です。

まずは、

丸鋸丸鋸ガイドです。今回の大物ですね。

これらを使ってMDF材を切るわけですが、切ったり削ったりする時にあると良い物が

マスクです。

立体のものがお勧めですが、私は高級品を使いません。

使用頻度はそんなに高くないので使い捨てタイプを常用しております。

鼻のところに針金のような形状を固定できる材質が入っている物がいいですね。

室内でやる事が多い私にとっては必須とも言えるアイテムです。

コレが無いと、鼻の中がかなり汚れます。

次に、

アテゴム」と研磨紙(サンドペーパー)。研磨紙は今回、「空研ぎ用」の400番をチョイス。

「アテゴム」というのは、平に研磨したい時に使う小道具で四角いブロックです。

私の持っている物は、このように上が外れて、

研磨紙の端を挟み込んで固定します。

こんな感じに。

それで、挟み込んだ面の反対側で研磨するわけですが、側面も面積は狭いですが使えます。

ただ、平に研磨する場合はなるべく面積が広い方がやり易いです。

今回は、MDF材の切断面を均すのと面取りに使う程度なので、小型のものを選んでます。

「空研ぎ用」の研磨紙(サンドペーパー)というのは、

ただの研磨紙よりも目詰まりしづらく作られているそうで、

水を付けながら使う耐水ペーパーとは「対」になる存在です。

木工では、この「空研ぎ用」の研磨紙(サンドペーパー)をよく使います。

素の材木は水を使うと吸い込んで歪んだりしてしまいますからね。( ̄◇ ̄;)

MDF材も材木ではありませんが、水気を吸い込んでしまいますので耐水ペーパーは使いません。

あと、

革手袋」も使った方がいいです。

素手で作業をすると、手先を怪我する事もあります。

切断作業時だけでなく、研磨作業時にはうっかり自分の手を擦り付けてしまう事があるでしょう。

革手袋の事を「革手」と略して呼ぶ事もあります。

また、材質が本革のもの以外にも、

広義の意味で合成皮革のものや、ニトリル等の合成樹脂製のものを含んで「革手袋」と呼ぶ事があります。

上の写真の物は、豚本革のものです。牛本革より若干高い傾向がありますが、手に柔らかく馴染んで使い易いです。

 

工程は、先にも書いた通り、MDF材を切って段ボール箱の上に重ねるだけです。

完成です。

これで、ある程度の重量物を載せても潰れなくなりました。

右隣の白青のプラスチックキャビネットの上にも

補強用のMDF材の板が最初の写真から乗っていたのに気付きましたか?

プラスチック製のキャビネットやドロワーなんかも天板が弱いので、

同じ様に補強の板を載せてやると良いです。

 

 

先日のスタッキングトレーの方は、

【自作】歪んだスタッキングトレーの再生と補強<準備編>

【自作】歪んだスタッキングトレーの再生と補強<工程編>」にて解説しています。

完成が下の画像です。

 

 

JUGEMテーマ:HANDMADE 手作り DIY

 


お気に召しましたら、一票(ワンクリック)下さい。ランキングに参加しておりますゆえ。


人気ブログランキング

手作り・DIYランキング

LOCTITE(ロックタイト) ハケ塗りシール剥がし 200ml DSH-20H

価格:1,010円
(2017/10/9 17:03時点)
感想(1件)

LOCTITE(ロックタイト) ハケ塗りシール剥がし 500ml DSH-50R

価格:1,683円
(2017/10/9 17:04時点)
感想(0件)

[このブログの「selected entries」「categories」へジャンプする]

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

カウンターなど


[このブログの「selected entries」「categories」へジャンプする]


[✓]

ユグドア」(YggDore)に登録済みです。
カンパやチップを大歓迎します!
要望等も受け付けてます。
(できる範囲が狭いが)

このページへチップを贈る



DIYフリークの集い
(ウェブリング)

前へ
このサイト名欄
次へ
ランダムに飛ぶ
リンク一覧
参加を希望する
Q&A

ランダムでサイトをひとつ紹介します。



Twitterも↓やってます

お勧めソフト、サービスなど

私がよく使うショップ

  ヨドバシ.com/ヨドバシカメラ  

  モノタロウ  

  Amazon.com  

  西友-SEIYUドットコム  

イオンショップ

私も「ビッグローブ光」に乗り換えました。↓


私も「mineo」に乗り換えました。
満足度調査でトップクラスらしい。↓



私も「Norton Internet Security」使ってます。↓

シマンテックストア




楽天モーションウィジェット
A8.net版

(あなたのご利用傾向から)





利用しているアフィリエイト


機能的かも↓


「西友 SEIYUドットコム」のアフィリエイトならここ↓


記事が少なくても審査に通りました。↓

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

「住信SBIネット銀行」のアフィリエイトならここ↓

アフィリエイトのアクセストレード

誰もが知る楽天市場↓


なんでもござれのAmazon↓





試用スペース

試しに貼ってみた

↓ローテーションバナー(無作為)






ここまで試用スペース



selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM